Below is a video that claims that Dokdo (Liancourt Rocks) was historically Korean territory. I had intended to go through the video and point out all of the lies, half-truths, and red-herring arguments that are in it, but there are so many that I got tired of counting. Instead of wasting my time doing that, I will just say this: There are no Korean maps or documents before 1905 that refers to any island in the Sea of Japan as “Dokdo,” including the 1900 Korean Imperial Proclamation mentioned by the American law professor. Therefore, everytime the video claims that a Korean map or document says “Dokdo,” you will know that it is a lie.

Old Korean maps and documents referred to two islands in the Sea of Japan (East Sea). The islands were Ulleungdo (Muleungdo) and Usando. Koreans claim that Usando was Dokdo (Liancourt Rocks), so when they see Usando mentioned in a Korean document or on a Korean map, they often just call it Dokdo instead of using the name on the map or in the document. However, that is not only confusing, it is a big mistake because Korea’s historical maps and documents suggest that Usando was actually Jukdo, which is a small island less than four kilometers off the east coast of Ulleungdo. This means that when the video talks about Japanese documents saying this or that about “Dokdo,” the documents are most likely referring to Ulleungdo’s neighboring island, Jukdo, not to present-day Dokdo.

Old Korean maps show Usando next to Ulleungdo, not ninety-three kilometers to the southeast, which is where present-day Dokdo is. Old Korean documents say that Usando was fertile and had trees and other plant life, but present-day Dokdo is just barren rocks with no trees and little or no plant life. Even though Koreans have recently been bringing soil to the rocks to try to grow some small plants there, the plants there are still insignificant, and there are certainly no trees. Old Korean documents also talk about people living on Usando, which means that it could not have been Dokdo since Dokdo does not have the water or soil to support people.

Below the video link, I will give links to old Korean maps and quote old Korean documents that prove that Usando could not have been present-day Dokdo, but first watch the video and see how many lies and half-truths you can find.

Dokdo Video Link

Samguksagi (1145 A.D.)

In the summer month of June in the 13th year (512 A.D.), Usan-guk (于山國) surrendered and began paying tributes in local products. Usan-guk is a island in the sea due east of Myeongju, and is also called Ulleungdo. The area of the land measures 100 ri.

Notice that the quote says that Usan-guk (Country of Usan) was another name for Ulleungdo. The area given for the island also corresponds with the area of Ullengdo. By the way, Usan-guk literally means “big mountain country,” and Ulleungdo literally means “luxuriant big-hill island.” Is that just a coincidence?Samgukyusa (approximately 1277 A.D.)

U-leung-do (于陵島), now called U-leung (羽陵) is in the middle of the sea, two days due east of Haseulla-ju (now Myeongju) if the wind is favorable. It has a circumference of 26,730 paces.

In the above quote, Ulleungdo is referred to as U-leungdo. In this record, the “U” in U-leungdo is the same Chinese character used for the “U” in Usando. Again, that suggests that Usando and Ulleungdo were originally just two names for the same island.

April 15, 1412 (Annals of King Taejong)

In accordance with Uijongbu orders, methods for dealing with the people of Yusanguk-do were discussed. The governor of Kangwon Province reported that twelve people from Yusanguk-do, including Baek Ga-mul, came and anchored at Eorajin in Koseong and said the following:

We grew up on Mu-leungdo, where eleven families lived with a total of more than sixty men and women. Now we have moved to the main island and are living there. The island’s distances from east to west and north to south are each two shik (60 ri), and its circumference is eight shik (240 ri). There are no cows or horses or rice paddies on the island, but if we plant just one mal of beans, we harvest twenty to thirty seok. If we plant one seok of barley, we harvest more than fifty seok. The bamboo are as big as rafters, and there are all kinds of sea products and fruit trees.”

Notice that the governor said the twelve people came from an island called “Usanguk-do,” which means the “Island of Usanguk.” What is interesting about the above record is that the people said they grew up on an island called “Muleungdo,” but later moved to the “main island,” which we can assume was “Usanguk-do.” That would mean that Muleungdo was a neighboring island of Usanguk-do and that it had the resources to support 11 families with a total of sixty men and women, which means that the neighboring island could not have been Dokdo since Dokdo is just barren rocks unable to support even a few people.

From the description given by the people of Usanguk-do, we know that the “main island” they were describing was Ulleungdo. That would mean that the neighboring island (Muleungdo), which they said they grew up on, was most likely Jukdo, which is the largest neighboring island of Ulleungdo. See the following map of present-day Ulleungdo:

According to the above 1412 quote, the residents of Ulleungdo were calling the main island “Usanguk-do” and its neighboring island “Muleungdo.” If Usanguk-do was referring to Ulleungdo, then that would mean that Muleungdo would have been off the east coast since the only neighboring islands of Ulleungdo are off its east coast. That would explain why early Korean maps of Ulleungdo show Usando to the west of Ulleungdo (Muleungdo). See the cutout of the 1530 Korean map that was shown in the video:

Notice in the above map that Usando (于山島) was drawn to the west of Ulleungdo (鬱陵島), which fits the description given by the residents of Usanguk-do in the above 1412 record.

By the way, the above Dokdo video claimed that the above map was the first Korean map to show “Dokdo.” The video forgot to mention, however, that the island they were claiming to be Dokdo was not called “Dokdo” and was west of Ulleungdo, which means it could not have been Dokdo since Dokdo it 92 kilometers southeast of Ulleungdo.

The names of the two islands did not switch until sometime in the 1700s.

September 2, 1416 (Annals of King Taejong)

Kim In-n was made Inspector of the Ulleungdo area.

Official (호조참판) Bak Seup said, “When I was governor of Gangwon Province, I heard that Muleungdo had a circumference of seven sik and had a small island next to it. It had fifty kyeol of farmland and a narrow entryway that only allowed people to travel single file; they could not walk two abreast. A long time ago a man named Bak Ji-yong lead fifteen families to the island and lived there. I also heard that they would sometimes conspire with Japanese pirates and steal. There is a man in Samcheok who knows that island. Please ask him to go there and check.”

The king considered that good advice and called Samcheok resident and former military commander Kim In-u and asked him about Muleungdo.

Kim In-u said, “Samcheok resident Lee Man has been to Muleungdo and knows the details of the island.” Lee Man was immediately sent for. Kim In-u added, “Muleungdo is far away in the middle of the sea, so there is not much contact with people there, which is probably why people flee to the island to escape military service. If there are many people living on the island, Japanese pirates will end up raiding it, and then use it to raid Gangwon Province.

The king agreed and made Kim In-u Inspector of the Muleungdo area. He also made Lee Man his assistant and give them two troop ships, two ship’s captains, two 引海 (인해), guns, gunpowder, and provisions. He told them to go to Muleungdo, talk to the leader there, and have them return. The king gave Kim In-u and Lee Man clothes, hats, and shoes.

In the above record, the former governor of Gangwon Province referred to Muleungdo as the main island, but he said that is also had a small neighboring island. I am pretty sure the former governor was governor of Gangwon Province before 1412, which means he was governor before the residents of Yusanguk-do (Usando) reported that Ullengdo’s main island was “Yusanguk-do” and its smaller neighboring island was “Muleungdo.”

When the king ordered Kim In-u to go inspect the island, he gave Kim the title of “Muleungdo Area Inspector” instead of just “Muleungdo Inspector.” This suggests that the king considered the news of neighboring islands when he created the title for Kim.

February 5, 1417 (Annals of King Taejong)

Inspector Kim In-u returned from Usando and brought local products as tribute, including large bamboo, seal skins, raw ramie cloth, silk wool, and geombak wood (trees). He also brought back three residents of the place. There were fifteen families living on the island for a total of 86 men and women. On his way back from the island, Kim In-u ran into two typhoons and barely made it back alive.

In September 1416, Kim In-u was given the title of “Muleungdo Area Inspector” and sent to Muleungdo to inspect the island. However, notice that the above record says that Kim returned from “Usando,” not Muleungdo. He also brought tribute that included large bamboo and tree products. That suggests that when Kim got to Muleungdo, the people there told him that their island was “Usando,” not Muleungdo. It does not say what the small, neighboring island was being called,” but one thing is clear. Kim got bamboo and wood products from Usando, which means that Usando was not Dokdo since Dokdo is just a couple of rocky islets with no such plants.

It appears that people on the mainland were referring to Ulleungdo as “Muleungdo” while the people who actually lived on the island was calling it “Usando.” Even with this information, people on the mainland still often referred to the area as “Muleungdo,” probably out of habit.

February 8, 1417 (Annals of King Taejong)

Minister Han Sang-gyeong told the six government authorities and the Daegan to discuss the best ways to evict the Usan-Muleung residents. They all said the following:

“Let’s not evict the Muleung residents. Wouldn’t it be better to give them grain and farming implements so that they will have a stable occupation? Then we can send a military commander to keep them pacified and determine the tribute.”

However, Kongjo Minister Hwang Hui, who was the sole dissenter, said, “Do not banish them, but quickly evict them.”

Then the king said,

Evicting them is the right strategy. Those people have avoided their national duty and have been living comfortably. If we decide on a tribute and install a commander, they will definitely not like it, so we cannot allow them to stay there for long. The appropriate thing to do is to keep Kim In-u as the area inspector, and send him back to the Usan-Muleung area to bring its residents to the mainland.”

Then, the king gave clothes, hats, and shoes [to Kim In-u]. He also gave a set of clothes to each of the three people from Usan. After that, he ordered the Gangwon provincial governor to supply two military ships and to choose a capable naval commander from his province to accompany Kim In-u.

In the above record, Korean ministers were discussing Kim In-u’s recent trip to Ulleungdo. Notice that the ministers referred to the residents of the island as the “Usan-Muleung residents,” which suggests that not only were Usan and Muleung neighboring islands, but that they both had people living on them. Notice also that the name “Usan” comes before “Muleung,” which suggests that it was the larger island. Finally, notice that Kim brought back three people from “Usan,” which means that Usando was inhabited. Again, Usando was not present-day Dokdo.

August 6, 1417 (Annals of King Taejong)

Japanese pirates loot Usan and Muleung islands.

Again, the above record suggests that Usando and Muleungdo were neighboring islands. If either of the two islands had been present-day Dokdo, then how would one island know that the other was looted, given that Dokdo it 92 kilometers southeast of Ulleungdo? Besides, what would there have been to loot on Dokdo?

August 8, 1425 (Annals of King Sejong)

Kim In-u, a former panjanggihyeonsa, was made inspector for the Usan/Muleung area. In 1416, the government sent In-u to Muleungdo to bring back former Pyonghae residents Kim Ul-ji, Lee Man, Kim Ul-geum, and others who had run away to live on Muleungdo. In 1423, twenty-three men and women, including Ul-ji, ran away back to the island. In May this year, seven people, including Ul-ji, left their wives and children on the island and came secretly in a small boat to Kumi-po in Pyeonghae County, where they were discovered. The governor arrested them, and sent an urgent message from his village to bring back immediately the people still on the island. With fifty men, military equipment, and 3-months of rations, In-u got on a ship and left. The island is in the middle of the East Sea. In-u was from Samcheok.

Notice in the above record that Kim In-u was still being referred to as the “Usan-Muleungo Area Inspector,” and was sent to “Muleungdo” to bring back people living on the island. Again, the title suggests that Usan and Muleungdo were neighboring islands. I think the Muleungdo here is just a general reference to the area.

October 20, 1425 (Annals of King Sejong)

Usan-Muleung Area Inspector Kim In-u reported that he searched out and captured twenty men and women who went to “the island” (either “the island” or “main island”) to escape government service. In the beginning, In-u commanded two military transport ships, but one ship, with forty-six sailors on board, disappeared after encountering winds on the way to Muleungdo.

The king said to his ministers, “What do we gain by capturing twenty people when we lose more than forty? There are no special products on the island, so the reason people go there is simply to avoid government service.”

When Kim Ja-ji, the Minister of Rites, Protocol, Culture, and Education, requested that those captured on the island be judged according to the law, the king said, “These people did not secretly follow someone to a foreign country. Moreover, such transgressions were pardoned in the past, so giving out new punishment would be wrong.”

The king ordered the Ministry of Military Affairs to send the people to a village far away and deep in the mountains of Chungcheong Province so that they cannot run away again. He also ordered that they be exempt from government service and taxes for three years.

Notice that Kim In-u returned from “Muleungdo” with twenty people he found on the island.

June 19, 1436 (Annals of King Sejong)

Gangwon Provincial Governor Yu Gye-mun said: “The land of Muleungdo’s Usan is fertile and has many products. It is surrounded by the sea and is about 50 ri from both north to south and east to west. It is surrounded by rock cliffs, and there are also places where ships can anchor. Please allow me to gather people to settle this place. If we do this and assign a magistrate there, it will likely be a long-lasting endeavor.” The request, however, was denied royal sanction.

In the above record, the Gangwon provincial governor asked permission to settle “Muleungdo’s Usan,” which suggests that Usan was a part of the Muleungdo island group. The fact that he wanted to settle Usan instead of Muleungdo suggests that Usan was the main island. In fact, his description of Usan fits that of the main island of Ulleungdo.

February 8, 1437 (Annals of King Sejong)

The king wrote to Gangwon Provincial Governor Yu Gye-mun:

“In the autumn of 1436, you said that because the land of Muleungdo was so fertile that crop yields were ten times greater than the mainland and that because it had many products, it would be an good place to set up a hyeon (an administrative district) with a magistrate. You said we should consider it as a fence for the Yeongdong region (eastern Gangwon Province). I immediately had the ministers discuss the issue with several people and all of them said, ‘The island is too far from the mainland and the wind and waves are so severe that unforeseen difficulties would likely occur and, therefore, would be unsuitable for the establishment of a settlement. They recommended that it be left as it is.'”

“Now you say that you have heard from elderly residents that Japanese pirates used to come there and live for several years while raiding the Youngdong region, which left the area almost empty. I also think that Japanese pirates used to run wild while living on Daemado (Tsushima), raiding the Yeongdong region and even up to Hamgil Province. It has been a long time since people have been on Muleungdo, so if Japanese pirates have already occupied the island, then there is no telling what misfortunes lie ahead. However, now the circumstances are too difficult to set up a new hyeon, appoint a magistrate, and move citizens there. Instead, if we sent people to search the island each year and also gathered local products or set up a grazing area for horses, Japanese pirates may think the land belonged to us and think twice about secretly occupying it.”

“How long ago was it that Japanese pirates came and lived there? How many of these so-called elderly people are there? If we are going to send people, when are the wind and waves calm? Which month? If we go onto the island, what kind of equipment will we need and how many ships? Investigate thoroughly and report.”

The following report seems to be King Sejong’s response to the Gangwon provincial governor’s request to settle “Muleungdo’s Usan”; however, notice that the king referred to the island as “Muleungdo,” not “Muleungdo’s Usan.” The king and the governor were obviously talking about the same place, so that suggests that “Muleungdo” was either just another name for Usan or a general reference to the island group. I think it was the latter, given that the governor had specifically asked to settle “Usan.”

So far there has been nothing in Korea’s historical records to suggest that either Muleungdo or Usando was a reference to Dokdo. Instead, the records suggest that the islands were neighboring islands and that Usan was the larger of the two. The records also say that both islands had plant life on them and were inhabited at one time or another.

Okay, so where do Koreans get the idea that Usando was a reference to Dokdo? Well, they claim that the proof is in the following 1454 record, which comes from the geography text of King Sejong. The record is actually a description of Uljin-hyeon, which was the equivalent of a county in Gangwon Province. When Koreans quote the record, however, they usually omit the description of Uljin-hyeon and focus on only one or two sentences in the record. I will post the complete record because I think it is important to read the specific qoute in context.

1454 (Annals of King Sejong, Geography Text)

Uljin-hyeon
One Jihyeonsa

Originally named “Ujinya-hyeon” during Koguryeo, the name was changed to its present name during Silla and made a gun. During Koryeo it was called “Uljin-hyeon,” which is still being used during our dynasty. People in the hyeon say that in the past it has also called “Bani-gun” and Seonsa-gun.

Yaksa-jin is to the south of the hyeon, and Goljang-jin is to the north. Its boundries stretch eight ri east to the mouth of the sea, sixty-three ri west to Andong’s Socheon-hyeon in Gyeongsang Province, thirty-seven ri south to Pyeonghae, and thirty-two ri north to Samcheok.

It has 270 lakes and a population of 1,430. Its military includes thirty-eight soldiers, seventy sailors, and four fortress guards. There are five local family names: Im (林), Jang (張), Jeong (鄭), Bang (房), and Yu (劉). There is also a Min (閔) from Yeongju.

Half the land is fertile and half is not. They make their living by fishing, but they also venerate martial arts. They cultivate about 1,351 gyeol of land, of which one third is rice paddies. The land produces the five grains, mulberry, hemp, persimmons, chestnuts, pears, and paper mulberry. They paid tribute of honey, beeswax, iron, wallnuts, mushrooms, gallnut, prickly ash, brown seaweed, lacquer, cured venison, fox pelts, wildcat pelts, deerskins, tiger pelts, pig hair (used for brushes), codfish, octopus, gray mullet, abalone, and hard-shelled mussel. The medicinal herbs they have are bokryeong mushrooms, Angelica uchiyamana root, Angelica decursiva root, bletilla, Schisandra chinensis, and ginseng. They have sixty-one local products, including slender bamboo, large bamboo, and salt.

There is one porcelain pottery shop ten ri to the north at Singok-ri, and one crockery shop twelve ri to the north at Gamdae-ri. All of their products are of poor quality.

The Hwangsan Stone fortress has a circumference of 616 paces 5 cheok, and is sometimes used as a the village fortress. Inside is four springs and one pond. The pond sometimes dries up during severe dought, but the springs never do.

There is a hot springs forty-four ri to the north, west of Heungbu Horse Station at Gusu-u Mulsan-dong. There are three horse stations: Heungbu (興富), which used to be Heungbu (興府); Deoksin (德神), which used to be Deoksin (德新); and Susan (守山), which used to be Susan (壽山). There are four signal fire stations. One is said to be at Mount Jukjin, which is south of the hyeon past Mount Jeonbanin and north of Pyeonghae’s Sadong Mountain. One is said to be at Jukbyeon Point, which is north of Mount Jukjin. One is said to be at Mount Geungchuldo, which is north of Jukbyeon Point. And the last is at at Samcheok’s Mount Gagok, which is north of Mount Geungchuldo.

Two islands, Usan and Muleung, are due east of the hyeon in the middle of the sea. The distance between these two islands is not far, so they are visible on a clear, windy day. During the time of Silla they were called Usanguk or Ulleungdo. [It] has an area of 100 ri.

People had thought the land to be too rugged to subjugate. However, in the twelfth year of King Lee Jijeung (512 A.D.), Isabu became the commander of Hasula-ju (an area that was around Kangneung), and said, “The people of Usan are ignorant and savage, so since it would be difficult to subjugate them with strength, we must use tricks.” He made many ferocious animals from wood, loaded them on his warships, went to the island, and told the people there: “If you do not surrender, I will release their ferocious beasts so that they can eat you. The people of the island were afraid and came and surrendered.

In the thirteenth year of Goryeo’s Taejo (930 A.D.), the people of the island (Ulleungdo) sent Baek Gil and To Du to pay tribute (see here) . In the thirteenth year of Eui Jong (1159 A.D.), Simchalsa Kim Yu-rip and others returned (from the island) and said, “There was a big mountain in the middle of the island. The distance from its peak to the sea was more than 10,000 paces to the east, 13,000 paces to the west, 15,000 paces to the south, and 8,000 paces to the north. There were remains of seven villages on the island. There were also a stone Buddha, a bell, and a stone pagoda. A lot of dropwort, mugwort, and moorwort grow on the island.”

It is said that during the time of our (King) Taejo (1392 ~1398 A.D.), a great many of our wandering people ran away to the island. Samcheon resident Kim In-u was again ordered to be the anmusa and to forcefully evict the people there and to leave the land empty. In-u said, “The land is fertile. The bamboo are as big as columns, the rats as big as cats, and the peach seeds as big a doi. All of its products are like that.”

Notice that the record is describing Uljin-hyeon and its surroundings by using Uljin-hyeon as a reference point and then giving compass directions and distances to the surrounding villages, military camps, and local landmarks. It also refers to Usando and Muleungdo by giving their location as follows:

Two islands, Usan and Muleung, are due east of the hyeon in the middle of the sea. The distance between these two islands is not far, so they are visible on a clear, windy day. During the time of Silla they were called Usanguk or Ulleungdo. [It] has an area of 100 ri.

When referring to the locations of the other places around Uljin-hyeon, the record gave a direction and then the distance in ri, but in the case of Usando and Muleungdo, after it gave the compass direction, instead of giving the distance in ri, it gave it by saying that it was close enough to be seen on a clear, windy day.

When Koreans look at the above record, they say that the record was referring to the distance between the two islands, themselves, not to the distance between the two islands and Uljin-hyeon. However, if that were the case, then we would not know where the two islands were. We would only know that they are due east of Uljin-hyeon, but we would not know how far east. With the Korean interpretation, the two islands could have been on the other side of the Sea of Japan, which would not be very helpful to people reading the geography book. Besides, after giving the distance to Muleungdo and Usando, the record gave the size of only one island, which suggests that the two islands were close enough together to be considered as one. Remember, Dokdo is 92 kilometers southeast of Ulleungdo.

Not only does the Korean interpretation of the 1454 record not make sense in the context of the 1454 record, it does not make sense in the context of all the records up to that point. There has been nothing in any of the previous records that would suggest that either Muleungdo or Usando was a reference to present-day Dokdo. On the contrary, the records suggest that Muleungdo and Usando were neighboring islands close enough to each other to cause name confusion. The records tell us that both islands had plant life on them, which did not exist on Dokdo. Both islands have also been described using the dimensions of Ulleungdo, suggesting again that they were close enough to cause name confusion. The records also tell us that people lived on both Muleungdo and Usando, but Dokdo did not have the soil, water, or other resources needed to support a settlement.

If anyone still thinks that the Korean interpretation of the 1454 record is reasonable, then let’s put a stake in its heart by looking at the following 1531 record, Sinjeundonggukyeojiseungram, which says the following:

Usando – Ulleungdo (鬱陵島)

Also called Muleung (武陵) and U-leung (羽陵), these two islands are in the middle of the sea due east of the county. Three peaks shoot up to the sky. The southern peak is a little smaller. When it is windy and the weather is clear, the trees at the top of the peaks and the sand at their feet are clearly visible. With a good wind, you can travel there in two days. It is said that Usan and Ulleung were once one island with an area of 100 ri.

Notice that the above record says that on a clear, windy day the trees on the peaks and the sand at their feet can be clearly seen. This tells us that the record was not talking about Dokdo since Dokdo does not have any trees or sandy beaches. Notice also that the record says that you can travel to the islands in two days, which is how long it used to take to travel to Ulleungdo. To travel to Dokdo, it would have required three days travel time.

Below is a 1710 map of Usando and Ulleungdo with lines drawn to the two islands from the mainland.

On the bottom line drawn to the two islands, it says, “Two days travel time by boat.” That means that the two islands were next to each other. If either of the islands had been Dokdo, it would have required an extra travel day. By the way, in 1710, notice that Korean maps were still showing Usando west of Ulleungdo.

Finally, consider the question of whether Koreans in Chosun Korea were able to see Dokdo from Ulleungdo. Instead of arguing all of the reasons why it would have been difficult, I am just going to suggest that you watch the Dokdo video again. In the video, we saw a picture of Ulleungdo taken from a helicopter flying over Dokdo. Even when the camera zoomed out, we could still see a tiny Ulleungdo on the horizon. Well, this time when you watch the video, imagine you are not flying in a helicopter. And instead of looking at Ulleungdo, imagine you are looking at an island 429 times smaller than Ulleungdo.

Usando was most likely Jukdo, a small island less than four kilometers off the east coast of Ulleungdo. The following Korean maps of Ulleungdo clearly show that Usando was a neighboring island of Ulleungdo, not Dokdo, which is an island 92 kilometers away from Ulleungdo.

Korean Maps proving Usando was not Dokdo

(Gerryの投稿の日本語訳です。)

嘘、(欺瞞に満ちた)半面の真理、そして(人の注意をそらすような)空論

これは、韓国政府による”独島” (竹島/Liancourt Rocks)が歴史的に韓国の領土であることを主張するビデオです。最初はビデオを最後まで見ながら一つ一つ問題点を指摘しようと思っていました。しかし、余りにも多くの嘘、欺瞞に満ちた半面の真理、そして人の注意をそらすような実の無い論議に満ち満ちており、それらを数えているうちにすっかりイヤになってしまいました。そんな事をして貴重な時間を無駄にするより、私はただ、次のように言いたいと思います。「1905年以前の韓国の地図や文献には、日本海に浮かぶいかなる島も、“独島”と言う名称で呼ばれていた事を示すものは無い。」ということです。「アメリカ人の法学教授が言った」という1900年公布の大韓帝国勅令第41号も、もちろんその中の一つです。つまり「韓国の地図や文献が“独島”の事を言っている」とビデオの中で流れる度に、それは嘘だ、と言うことが分かるでしょう。

韓国の古い地図や文献には、日本海(東海)に浮かぶ二つの島について記述があります。その島の名前は、鬱陵島(武陵島)と于山島です。韓国人は、于山島が“独島”のことだと主張しており、そのため韓国の地図や文献の中に于山島という名前が出てくると、彼等は記述されている通りの名前ではなく、自動的にその島を独島と呼び変えてしまうのです。しかし、それはとても誤解を生じ易いというだけではなく、そもそも大きな誤りだと言えます。というのも、こうした地図や文献の中に出てくる于山島は、実際には竹嶼(竹島/Jukdo)という、鬱陵島の東沖4kmに満たない近い距離にある小さな島嶼のことを示しているのです。このことはつまり、ビデオの中で「日本側の文献が“独島”について何らかの記述がある」といっている時は、鬱陵島の隣接島の“竹嶼(竹島・Jukdo)”の事をいっていることになります。現在の“独島”のことではないのです。

韓国の古地図には、于山島が鬱陵島のすぐ隣に描かれており、その場所は現在の独島 (竹島/Liancourt Rocks)が位置している鬱陵島東南93km沖ではありません。韓国の古い文献には于山島はとても肥沃な土地で、木や他の植物が生えている、と記述していますが、独島 (竹島/Liancourt Rocks)はただの岩山で木はおろか植物さえ殆ど生えていません。最近韓国人が土を持ち込んで植物を植えようとしていますが、それも目立つようなものではなく、木に至っては全くありません。韓国の古い文献では于山島の住民についても記述があります。それもこの島が“独島”ではありえない事を意味しています。独島 (竹島/Liancourt Rocks)には水も土も無く、人が生きていくことが出来ないからです。

ビデオへのリンクの下に、于山島が現在の独島 (竹島/Liancourt Rocks)では有り得ない事を証明する韓国の古地図や、古い文献からの引用へのリンクを示します。しかし、まずは問題のビデオを見て、いくつ嘘や欺瞞に満ちた半面の真理を見つけられるか、試して見て下さい。

“独島”ビデオへのリンク〈リンク〉
〈日本語スクリプトへのリンク〉

“(1145年) 三国史記 卷四・新羅本紀・智証麻立干 智証王13年(512年)夏6月条
13年(512年)夏(6月)、于山国が服属し、その年から貢物をした。于山国は、溟州の真東にあり、別名鬱陵島ともいう。四方は100里ある。”

「于山国は、別名鬱陵島ともいう」と記述されている事に注目して下さい。文中の面積も鬱陵島の面積とほぼ一致します。ところで于山国とは文字通り、“大きな山の国”という意味で、鬱陵島は“こんもり茂る大きな丘の島”の意味です。これは単なる偶然の一致でしょうか?

“(1277年頃) 三国遺事 巻一 智哲老王
以前琵羅州と呼ばれていた溟州の東の海中、風がよければ2日ほどの距離に、于陵島がある。その島は現在羽陵と呼ばれており、周囲の距離は26,730歩ある。”

上記の引用で、鬱陵島は于陵島と記述されています。この記録の中では、于陵島の“于”は、于山島の“于”と同じ漢字が使用されています。このことから、于山島と鬱陵島は元々は一つの島に付けられた二つの名前であったことが窺い知れるのです。

“(1412年 4月15日)太宗実録12年4月巳巳条 
政府の命により、流山国島(Yusanguk-do)の人々をどう取り扱うべきかが議論された。江原道の観察使が流山国人の白加勿ら12名が高城の羅津にやってきて停泊し、言った事を次のように報告した。‘私達は武陵島で生まれ育ったが、後に本島に移住して今はそこに住んでいる。その島には11の家族がおり、全部で60人以上の住民がいる。島の距離は、東西と南北はそれぞれ2息〈60里〉で、周囲は8息(240里)ある。牛馬、水田は無いが、豆を1斗植えれば20石とれる。麦を1石植えれば50石余りの収穫が見込める。竹は椽〈たるき〉のように大きく、沢山の海産物や果物の木がある。’”

知事が“流山国”と呼ばれる島(Yusanguk-do)から12人の人々がやってきた、と発言していることにお気づきでしょうか。さらに面白いのは、人々は“武陵島”と呼ばれる島で生まれ育ったものの、のちに于山国島と考えられる“本島”へ移動したと言っている事です。それはつまり、武陵島は于山国島に隣接する島で、11家族60人もの人間が生活できるだけのライフサポート=生活必需品があったのです。ということは、その隣接する島は、2,3人の人でさえ住めないただの岩山である独島/竹島では有り得ない訳です。

住民による流山国島の描写から、“本島”が鬱陵島のことを指していることが分かります。隣接する、彼等が生まれ育った島(武陵島)はほぼ確実に、鬱陵島の最大の付属島である竹嶼/竹島〈Jukdo)であると言えます。下に、現在の鬱陵島の地図を揚げました。

地図1:現在の鬱陵島

上記の1412年の文献の引用によりますと、鬱陵島の住民は本島を“于山国島”と呼んでおり、隣接する島を“武陵島”と呼んでいました。もし、于山国島が鬱陵島の事を指しているのなら、武陵島はその東岸沖にあったはずです。と言うのも、鬱陵島の付属島は東岸沖にしかないからです。それは、何故初期の韓国の鬱陵島の地図では、于山島が鬱陵島の西に描かれていたのか、説明がつきます。ビデオの中に出てきた、1530年の韓国の地図からの切り抜きをご覧になって下さい。

地図2: 八道総図 (1530)からの抜粋

この地図で、于山島が鬱陵島の西に描かれていることがお分かりでしょうか。これは、上で説明した1412年の太宗実録の記録の中で、于山国島の住民が行った2島の位置関係の描写と一致します。

ところで、独島ビデオの中で、この地図が韓国の地図で初めて“独島“の事を描いたものだ、と言っていますが、この地図の中では“独島”であるはずの島は“独島”とは呼ばれていません。しかも鬱陵島の西にあるので、実際は鬱陵島南東沖92kmに位置する”独島” (竹島/Liancourt Rocks)ではありえません。

これら2つの島の名前は1700年代になって初めて入れ替わるのです。

“(1416年9月2日) 大宗実録16年丙申九月庚寅条
金麟雨〈キム・インウ)を武陵地域の安撫使に任命した。戸曹参判の朴習はこう言った。「私が江原道の都観察使(長官・知事)だった時、こう聞いた。‘武陵島の 周囲は7息で, そばに 小島があり, 田地が 50結ほどになるのに、その道は人が並んで歩く事はできないほど狭い。昔、方之用という者がおり、15戸の家族を率いて住み、時に仮倭(倭寇の振りをした朝鮮人)として盗みを働いた。その島を知っている者が三陟にいるので、使いをやって見てきてください。’

王はそうすべきだと考え、三陟人の前万戸である金麟雨に武陵島について尋ねた。金麟雨は「三陟人の李万が武陵に行って戻ったことがあり、その島について詳しく知っているはずです。」と言い、すぐに李万を召還した。麟雨が言うには、「武陵島は遠く海の中にあり、互いに往来することが出来ないので、軍役を避ける者が時々逃げ込んで行くのです。もし この島に多くの人が接するようになれば、必ず侵犯して日本からやって来て盗みを働くでしょう。このようにして江原道を徐々に侵犯するやもしれません。」

王は納得し、金麟雨を武陵地域の安撫使に任命し、李万を伴わせて、兵船 2尺、抄工 2人、引海 2人、銃と火薬、食料を携えその島へ行き、島の頭目人を諭して、戻ってきた。王は金麟雨に衣服、かさ、靴を褒美に与えた。”

上記の記録で、前の江原道都観察使は、武陵島を本島と言っていますが、同時にその島には隣接する島があるとも言っています。おそらく彼は、1412年より以前に江原道都観察使の任に当たっており、“流山国島”の住民が鬱陵島の本島は、“流山国島”で、それより小さな隣接島は“武陵島”である、と伝えた時期より前だったのでしょう。

王が金麟雨に島の検察を命じたとき、彼は金に単なる“武陵の安撫使”では無く、“武陵地域の安撫使”と言う肩書きを与えたのです。つまり、王はこの肩書きを作ったとき隣接する島の噂を聞いていたと考えられるのです。

“(1417年2月5日) 大宗実録17年丁酉二月壬戌条
安撫使(検察使)の金麟雨が于山島から戻り、土産に大竹、水牛皮、生苧、綿子、検撲(木業)木などの物を持ち帰り献上した。住民を3名連れて帰った。島には15戸の家族が住んでおり、人数は男女全員で86人である。島から帰還する際、再び台風に遭遇し、何とか生きて帰ることが出来た。”

1416年の9月に金麟雨は、“武陵地域の安撫使”と言う任務を拝命して武陵島へ検察へ赴きます。しかし、お気づきでしょうか。この記録の中で金は、“武陵島”ではなく“于山島”から戻った、と書かれています。彼はまた、大竹や木などのお土産を持ち帰っています。おそらく金が武陵島に着いた時、島の住民がそこは武陵島ではなく“于山島”だ、と教えたのでしょう。記録の中では近くの小さな島が何という名で呼ばれていたのか記述されていませんが、はっきりと言えることは、金は大竹や木などを于山島で採取したということです。つまり、于山島は独島ではない、ということです。独島はこうした植物の生えない二つの岩で出来た島に過ぎないからです。

“ (1417年2月8日) 大宗実録17年二月乙丑
右議政韓尚敬が6人の大臣に命じ、于山武陵から住民をどう退去させるか協議した。皆このように言った。「武陵の住民を退去させない方がよいでしょう。五穀を給付し、農機具を与えて、安心して農業をさせましょう。そして帥撫使(武官?)を派遣して年貢を定めればよいではないですか。」

しかし、工曹判書の黄喜だけは反対し、「彼等を定住させずに、速やかに退去させるべきです。」と申し上げた。

王曰く「住民を退去させるのがよいであろう。これらの人民は今まで使役を逃れのんきに暮らしてきた。もし年貢を定めて武官を常駐させれば、必ず恨みを持つだろう。よって、これ以上長く停留させるわけにはいかない。金麟雨を安撫使に留めておき、于山武陵地域にもう一度派遣して住民を島から退去して本土へ戻るよう引率させよう。」

王は(金麟雨へ)衣類、笠、及び靴を、また于山の住民3人に衣服を1揃いずつ与えた。そして江原道の観察使に命じ、兵船二隻を供給し、道内の水軍の中から有能な者を選んで麟雨に同行させるよう言った。”

上記の記録では、大臣達は金麟雨が最近行った鬱陵島検察について話し合っています。彼等が住民のことを“于山武陵の住民”と言っていることに注意して下さい。つまり、于山と武陵が隣同士の島であるだけでなく、どちらの島にも住民が居る事を物語っています。また、“于山”という名前が“武陵”の前に付いていることがお分かりでしょうか。つまり、于山の方が大きな島である可能性が高いのです。最後に、金が“于山”の住民三名を連れ帰ったことに注目します。つまり、于山島には人が住んでいたのです。ここでまた、于山島が現在の独島では無いことが証明されました。

“ (1417年8月6日) 大宗実録十七年八月条
倭寇が于山と武陵島を襲った。”

この記録は重ねて、于山島と武陵島が隣同士の島であったことを示しています。もし、二つの島のうちどちらかが現在の独島であるとすれば、どうやって片方の島が略奪にあっていることに気がつくのでしょう。92kmも離れているにも関わらず。そもそも、独島に略奪するものがあったのでしょうか?有り得ません。

“(1425年8月8日) 世宗実録世宗七年八月条
王(世宗)は金麟雨を再び于山武陵等安撫使に任命した。1416年、金乙之、李萬金、*(汚の右側)乙金ら、武陵島に住む平海の元住人の逃亡者を連れ帰った。1423年には金乙之を含む23人の男女が島へ逃げ戻った。その年5月、金乙之を含む7人の住民が妻や子を島に残して小さな船で海を渡り、平海の港へ密かに戻った所で発見された。監司は彼等を逮捕し、緊急の命令を出して島に残る住民を、村から一掃して連れ戻すように指示した。50人の人員と軍事物資を載せ、3ヵ月後金麟雨は船に乗り込み、出立した。その島は、東の海中にある。金麟雨は三陟の出身。”

上記の記録で、金麟雨は今だ“于山武陵等安撫使”と呼ばれている事にお気づきでしょうか。彼は再び武陵島に派遣され、住民を連れ帰るように命じられます。ここでまた、彼の肩書きが于山と武陵島が隣り合う島であることを示唆しています。私は、ここで使われている武陵島という名称はその地域の一般的な名称ではないかと思っています。

“(1425年10月20日) 世宗実録世宗7年10月乙酉條
于山武陵等處按撫使の金麟雨 は、使役の義務を逃れるために島に渡っていた男女20人を探して捕え、帰還した。最初、麟雨は兵船二隻を拝領して茂陵島へ向かったが、46名を載せた一隻の兵船が途中強い風に吹かれて失踪してしまった。

王が皆に言った。「20人を捕えるのに40人以上を失い、何の利益があろうか。あの島には特別な産物は無く、人々はただ賦役を逃れんがために島へ行くのであろう。」

禮曹參判の金自知が言った。「今般捉えた逃亡民は、法律にのっとって裁かれるべきです。」王曰く「これらの者どもは、誰かに従って外国へ行ったわけではなく、しかもこうした事例では、以前は赦免されているので、新たに罪を加えることはあってはならない。」

王は兵曹(法務省)に命じ、于忠清道の遠く深い山の中へ追放し、二度と逃亡出来ないようにした。また、3年間使役と年貢を免除した。”

金麟雨 が茂陵島から20名の島民を連れ帰ったことに注意して下さい。

“(1436年6月19日) 世宗実録世宗18年閏6月甲申條
江原道監司の柳季聞が言った。「武陵島牛山 は、土地が肥沃で東西南北はそれぞれ50余里ある。沿海部は四方が石の壁で囲まれており、船が停泊できる場所がある。どうか、私に許可を頂き民を集め、この地を開拓させてください。もし萬戸守令を置いていただければ、長く努力することでしょう。」この希望は、宮廷から却下された。”

上記の記録によると、江原道監司は“武陵島牛山”の開拓を願い出ており、つまり、于山が武陵島諸島に属していることを示しています。武陵島ではなく、牛山への移住を打診しているところから、于山が主島であることが分かります。事実、この于山の記述は、鬱陵島の主島の記述と合致します。

“世宗実録世宗19年2月(1437年2月8日)
江原道監司の柳季聞に対し王曰く‘1436年秋に茂陵島の土地は大変肥沃で、穀物は陸地の10倍とれ、多くの産物があるので県を設置し、守護を配置するのがよい、とお前は言った。また、そうすることで嶺東のフェンスとすべきだ、とも言った。すぐに大臣に命じ、討議させたが、皆口を揃えてこう言った。「この島は、本土から大変遠く、風と波が高く、不測の事態が起きやすい。よって、郡や県を設置するのは宜しくない。」

お前は、今になってこのように言う。‘古老が言うには、以前日本人がやって来て嶺東を略奪している間、島に住んでいた。また、対馬に住んで嶺東から、東は咸吉道を侵略していた。茂陵島はずっと無人島であったため崎に日本人が占拠していたなら、将来大変憂慮すべきことになる。しかし、県を設置し守護を派遣して、住民を移住させることが難しい。ならば、毎年人員を派遣して、あるいは島内を探索したり産物を採取したり、馬場を作るなどすれば、日本人はこの島が我が国の地であると考えるだろう。’

‘どのくらい前に日本人達はやって来て住んでいるのか?いわゆる古老とは、何人いるのか?もし人を派遣するとすれば、何月のいつ頃波風が適当なのか?島へ行くには装備、物資はいかほどか?船は何艘必要か?”

これらは、世宗が江原道監司の茂陵島開拓願に対する返答であるようです。しかし、王が“茂陵島の于山”ではなく、“茂陵島”と言っていることにお気づきでしょうか。王と監司は明らかに同じ場所について話しています。つまり、この“茂陵島”は単に于山の別名であるか、もしくは諸島グループを指す一般名なのでしょう。監司が前回は確実に“于山”の開拓を願い出ていた事を考えると、私は、おそらく後者の可能性が高いと思っています。

これまでずっと韓国の歴史的文献を見てきましたが、今の所、茂陵島や于山島が独島の事を指している事を伺わせるようなものは何もありませんでした。それどころか、記録を見るとその地域には隣り合う2つの島があり、于山島がその二つのうち大きな島の方である事を知ることが出来ます。記録では、どちらの島にも植物があり、ある時期には住民がいた事が記述されています。

では、一体韓国人は何処で于山島が独島を指していると言う考えを持ったのでしょう?実は、次に揚げる1454年の記録にその証拠がある、と彼等は主張しています。その記録とは、実際は江原道のある県にあたる、蔚珍県の様子を記述したものです。しかしながら、韓国人がこの記録を引用する時、彼等は蔚珍県の記述を全く省略してしまい、記録のうちたった1、2文だけを強調するのです。そこで、私はこの蔚珍県の記録の全文を載せようと思います。全体の文脈の中で問題の1,2文を読むことが、とても重用だと思うからです。

“1454年 世宗実録「地理志」
蔚珍県 監司(県知事)が1名いる。 高句麗時代の元の名称は于珍也県で新羅時代に現在の名称に変わり、郡になった。高麗時代には蔚珍県と呼ばれており、現王朝期も同じ名称でまだ呼ばれている。県の住民は、過去には半伊郡もしくは仙槎郞と呼ばれた、と言っている。

藥師津は県南部にあり、骨長津は県北部にある。県境は、東は海岸までの8里、西は慶尙道安東任內小川県までの63里、南は平海までの37里、北は三陟までの32里である。270の池があり、人口は1430。軍隊は侍衛軍〈陸軍?〉が38人、水軍が70人、城の近衛軍が4人である。住民の名前は林、張、鄭、房、劉である。栄川から来た郷吏の閔と言う姓もある。土地の半分は肥沃であるが、残りは違う。漁労で生計を立てているが、皆とても武芸を崇敬している。1351結の土地を耕し、その3分の1は稲田である。その他、五穀, 桑、麻、柿、栗、梨、楮(こうぞ)などを生産している。貢物としては、蜂蜜、黃蠟、鐵、胡桃、石茸、五倍子、川椒、藿、漆、鹿脯、狐皮、狸皮、獐皮、虎皮、猪毛、大口魚、文魚、水魚、全鮑、紅蛤。薬草は、茯苓、當歸、前胡、白芨、五味子、人蔘がある。地場産物は61あり、篠竹、大きい竹と塩を含む。磁器の製作所が薪谷里の北方10里の所に、陶器の製作所は甘大里の北方12里の所にある。製品は余り質がよくない。皇山石城は周囲が徒歩616歩5尺で、時に村になっている。城内には泉が4つ、池が1つある。池は旱魃の厳しい時は干上がってしまうが、泉は決して涸れない。仇水亏勿山洞西部の興富駅北方44里のところに、温泉がある。駅は興富(古称は興府)・德神(古称は德新)・守山(古称は壽山)の3つである。狼煙を挙げる場所が4ヶ所あり、そのうち一つは平海沙冬山の南、竹津山の北の全反仁山にある。2つ目は竹津山で、竹邊串の北にある。3つ目は竹邊串で、亘出道山の北にある。最後は亘出道山で、三陟可谷山の北にある。

県の西部の沖に于山、武陵という2つの島がある。これらの島々(と)の距離はさほど遠くなく、晴天で風のある日にはよく見える。新羅の時代には、于山國あるいは鬱陵島と呼ばれた。面積は100里である。

大変険しい土地で、征服するのが難しいと思われたが、智證王十二年 (512 A.D.)に、異斯夫という者が何瑟羅州軍の長となり、こう言った。「于山人は無知で野蛮なので、武力で征服するのは困難である。そこで、知略を施さなければならない。」彼は恐ろしく獰猛そうな猛獣を木で作り、複数の軍の船に分載して島へ行き、住民へこう告げた。「もし服従しなければ、猛獣達を島へ放してお前達を食わせてしまうぞ。」島の住民は、恐れおののいて出てきて、服従した。

高麗太祖十三年(930 A.D.)に、その島の住民は白吉と土豆を使いにして貢納した。〈ここを参照〈リンク〉)毅宗十三年には、審察使の金柔立たちが(島から)帰還しこう述べた。「島の中央に大きな山がある。頂から海岸までの距離は、東へ1万歩、西へ1万3千歩、南へ1万5千歩、北へ8千歩である。島には7つの村の跡がある。石仏像、鉄鐘、石塔もある。柴胡、蒿本、石南草が沢山自生している。

我が太祖の時代(1392 ~1398 A.D.)に、多くの人が島へ逃げ込んだ、と伝えられる。三陟の住民である金麟雨が再び按撫使に任命されて島へ向かい、島の住民を強制的に退去させ、空島とした。金麟雨はこう報告している。「島の土地はとても肥沃で、竹は柱の如く太く、鼠は猫の如く大きい。桃の種は升のように大きい。その島の産物は、皆そんな具合である。」”

この記録が、蔚珍県を比較の対照点としてそこから各地方〈村、軍駐屯地、名所〉の方角や距離を表しながら、蔚珍県とその周囲の様子を描いていることにお気づきでしょうか。于山島と武陵島についても次のようにその位置が述べられています。

“県の西部の沖に于山、武陵という2つの島がある。これらの島々(と)の距離はさほど遠くなく、晴天で風のある日にはよく見える。新羅の時代には、于山國あるいは鬱陵島と呼ばれた。面積は100里である。”

蔚珍県の周囲の他の場所について記述するとき、記録では方角と距離を里で表していますが、于山島と武陵島の場合、距離を里で示すかわりに、方角が示されてから、風のある晴れた日には目で見えるほど近くにある、と記述されています。

韓国人が上掲の記録を見て、これは2島の間の距離を示していて、2島と蔚珍県の間の距離を示しているのではない、と言いますが、そう解釈した場合、この2島が何処にあるかが分からなくなってしまいます。蔚珍県の真東にあることだけは分かりますが、どのくらい東にあるのか、不明になってしまうのです。韓国側の解釈法では、日本海の反対側にあってもよいことにさえなってしまい、地理学的な本を読んでいるはずの読者に、甚だ分かりづらいものです。記録では、片方の島の大きさしか記載されておらず、そのことから、この2島が一つの島だと考えられるほど距離が近かった、と推測できるのです。思い出してください。“独島”は鬱陵島の東南92km沖にあるのですよ。

1454年の記録に関する韓国側の解釈が記録全体の文脈のなかで説明になっていないだけでなく、全記録〈実録〉の中でもおかしな文章なのです。これ以前の記録のなかで、武陵島もしくは于山島のどちらにしても独島である事を示唆するものは存在しません。それどころか記録では、むしろ武陵島と于山島は隣り合う島で、名称の混乱が起こるほど近かった、ということを示唆しているのです。記録では、どちらの島にも、植生があったことが分かりますが、独島には植物が自生していません。また、記録では、どちらの島にも、人が住んでいたことが分かりますが、独島には土や水、その他の人間の定着に必要な資源が無いのです。武陵島と于山島はどちらの島も鬱陵島の面積を使って表されており、このこと自体もまた、名前の混乱が起こるほど近かった事を示しています。また、武陵島と于山島にはどちらも人が住んでいた、とありますが、独島はそれどころか土、水、その他の人が住むのに必要な資源が何も無いのです。

もし、1454年の記録に関する韓国側の解釈が理解できる、と言う人がまだいるとすれば、次に揚げる1531年の新増東国興地勝覧の記録を、ぜひ見てみましょう。

“1531年増補 新増東国興地勝覧
于山島-鬱陵島 武陵や羽陵とも呼ばれるこれらの2島は、県の真東の沖にある。三つの峰が空に向かってそびえている。最も南の峰は、少し小さい。風があり、天気のよい日は峰の頂上の木々や麓の渚の砂浜がはっきりと見える。風のよい日は2日で到達する。于山と鬱陵は昔は面積100里の一つの島であった、と言われている。”

上掲の記録で、「風があり、天気のよい日は峰の頂上の木々や麓の渚の砂浜がはっきりと見える。」とあることに気がつきましたか?このことから、この記録が独島のことを記述しているのでは無いことが分かります。独島には、木も砂浜もありませんから。2島に2日で到着する、と書かれていることにも注意して下さい。これは、この時代の鬱陵島への旅程と同じ日数です。独島へは、3日かかったはずです。

下に揚げたのは、1710年の于山島と鬱陵島の地図で、本土から2島へ線が引かれています。

地図3: 韓国の古地図(1710)からの抜粋

2島に向かって引かれた線には、“2日の航程”と書かれています。つまり、これらの2島は互いに隣り合っている事を意味しています。もしもいずれかの島が独島であるなら、さらに1日かかるからです。おや、1710年では、韓国の地図ではまだ于山島が鬱陵島の西に描かれていますね。

最後に、李朝朝鮮時代の韓国の人々が、鬱陵島から独島を眺めることが出来たのかどうか、ということを考えて見ましょう。何故それが難しいか、たくさん理由を挙げて説明する代わりに、とにかくこの“独島ビデオ”をご覧になる事をお勧めします。その中で、独島上空を飛行するヘリコプターから撮影された鬱陵島の写真が出てきます。たとえカメラがズームアウトしても,まだ水平線に鬱陵島が小さく写っています。それでは、今度は自分がヘリコプターに乗っていないと想像しながら、ビデオを見て下さい。鬱陵島を眺める代わりに、鬱陵島の429分の1の大きさの島を眺めていると想像して下さい。(自ずと答えは出るでしょう?)

于山島はほぼ確実に、鬱陵島の東岸4km以内にある小さな島、竹嶼(竹島/Jukdo)です。これらの韓国の鬱陵島の地図は、はっきりと于山島が鬱陵島の隣接島であることを示しており、鬱陵島から92kmも離れている独島ではありません。

于山島が独島では無い事を証明する韓国の地図〈リンク〉

Links to More Posts on this Subject

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 2

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 3

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 4

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 4 Supplement

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 5

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 6

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 7

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 1

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 4

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 5

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 6

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 7

Posted by Gerry-Bevers, filed under Verus Historia. Date: August 18, 2006, 10:17 am | 76 Comments »

76 Responses

  1. ponta Says:

    Toadface
    Thanks
    Do you seriously believe that Imperial Ordinance No. 41 in 1900 is a claim to dokdo?

    勅令第四十一號
    Imperial Ordinance No. 41……..
    第二條…..郡廳位置눈台霞洞으로定하고區域은鬱陵全島와
    ………….竹島石島를管轄할事
    Ariticle 2..Seat of Prefectural Office shall be in Taeha-dong, as for jurisdiction Prefect shall govern the whole of Ullung Is., Chuk Is., and Sok Is.

    Where is Dokdo mentioned?
    And tell me if Korea notify it to Japan.

    Legally,

    The Court finally observes that it can only consider those acts as constituting a relevant display of authority which leave no doubt as to their specific reference to the islands in dispute as such.

    CASE CONCERNING SOVEREIGNTY OVER PULAU LIGITAN AND PULAU SIPADAN(ICJ 2002)

    According to ICJ, the reference must be so clear as to leave no doubt.
    But Korea’s document leave tons of doubts, since it did not mention Dokdo at all.

    Historically,
    Kwanundo 観音島 was called sokdo
    map
    石 was pronounced as sok in Ulleungdo.
    toron
    石 is still read as seok in Korea
    http://www.watanabesato.co.jp/wldculture/korea/kws.htm#so
    石 is still pronounced as seok in Ulleungdo.
    http://www.ulleung.go.kr/Ullung_English/sub2_03.html
    In Jeodong (저동), the largest village on the island, there are the famous Bongnae (봉래) waterfall and Seokpo (석포) village that provides a beautiful trekking course. You can also enjoy looking at neighboring Jukdo (죽도) and Gwaneumdo (관음도) islands while trekking http://english.daegu.go.kr/group02/chingusai/200307.htm
    Thus it is most reasonable to assume 石島 in ordinance refer to Kwanundo.

    That some Koreans in Ulleungdo from 全羅道pronounced 石 as Dok is no proof that Sokdo in question is Dokdo.
    (1)Not everyone is from 全羅道 province In fact as of 1906, it is reported that most people were from 江原道慶尚道 http://toron.pepper.jp/jp/take/hennyu/ishijima2.html
    (2) It must be proved ,and it is essential that these people from全羅道 actually referred to Dokdo/takeshima by “Doksum”.So far no Korean historians proved it. All they proved that there is a dialect in which some people pronounced 石 as Dok.

    First the case you cite was 50 years after the laws regarding notification were changed in 1919 via the St Germain Treaty.

    Sorry, but I don’t understand what you are saying here.

    Secondly effective control must be uncontested and Korea contested it. Whether you agree it was sufficient is irrelevant.

    You are right. Whether I agree or not is irrelevant. But the fact
    remain that Korea did not protest to Japan or any other countries.

    Korea protested through media and through what governmental organs (provincial and municipal) were still intact.

    To whom?

    Effective control doesn’t come first it comes after the required legal procedures are fulfilled. You are putting the cart before the horse Ponta.

    Do you mean legendary Korean bear (was it a tiger?) took the legal procedure before he had effective control over peninsula? ーーーDamn, why did the Korean history not mention it!

    The control of territory and the peaceful and effective exercise of the functions of a sate therein is the primary means of acquiring title to territory in international law. They can be subdivided into two classes. When the exercise of authority takes place in a territory which does not belong to any other state(Terra nullius)we may say that title is based on effective “occupation”. When the exercise of authority takes place in a territory which formally belongs to another state, we may say that title is based on ‘prescription. However the difference between these two concept is only one of degree and the essential element of both is the exercise of state functionpage144

    And Dokdo was not owned by Korea, and Japan had effective control.

    the issue of notification is debatable as well and the quotes from international experts support my views.

    Just give us a precedence, if there is none, tell us so.

    Japan refused to go to ICJ on other issues

    What other issue are you talking about?Which country suggest to send the matter to ICJ?

    If Korea makes Dokdo habitable they get a larger EEZ anyway. So why bother

    No, Korea can not. But if Korea win at ICJ, she is most likely to l get larger EEZ.

    Don’t use Dean Rusk as a moral guide to who gets what territory in Asia. First of all Dean Rusk was a strict anti-Communist. He was in favor of military action in both Vietnam and Korea and believed in the use of military power to prevent the spread of Communism in Asia. It’s clear he was on Japan’s side in the Dokdo issue to give the States a good position while anticipating the oncoming cold war with Russia.

    It was not Rusk it was a Report of Van Fleet mission.
    You said before “America couldn’t have cared less who was the rightful owner of Dokdo as this time.” Now you changed you view, didn’t you?
    What makes USA on Japan’s side? No conspiracy theory is needed here.
    USA was reasonable in rejecting Korean claim that Prangdo= non-existent imaginary island , Tsushima and Takeshima=Japanese islands, be given to Korea
    I love USA.

  2. Gerry-Bevers Says:

    Toadface,

    The Uldo (Ulleungdo) County head said “Dokdo” was 100 ri from Ulleungdo, but it was actually over 200 ri. If Dokdo had really been a part of Uldo County, why didn’t the county head know where the island was? Why did he say 100 ri?

    I think he said 100 ri because the Japanese told him it was 100 ri away. By that time, the Japanese were using ri to refer to kilometers, but, as far as I know, the Koreans were still using a 0.4 kilometer ri.

    The Koreans may have heard of Dokdo, and some Koreans may have even fished there, but Dokdo was not Seokdo, which was the Ulleungdo neighboring island that was made a part of Uldo County in 1900.

    In 1882, Lee Gyu-won surveyed Ulleungdo and said it had two neighboring islands called Jukdo and Dohang. The map he draw of Ulleungdo shows Jukdo to be present-day Jukdo and Dohang to be present-day Kwaneumdo, both of which are neighboring islands of present-day Ulleungdo. The 1900 Royal Edict also said that Ulleungdo (蔚陵島) had two neighboring islands, which were Jukdo (竹島) and Seokdo (石島). Ulleungdo and its two neighboring islands were referred to as Uldo County.

    Seokdo (石島) means “rock island,” and Dokdo (獨島) means “lonely island, which means that not only are the names of the two islands different, but their Chinese characters and their meanings are different.

    Yes, Koreans claim that in the Cholla dialect “Seok” (石) is sometimes pronounced as “Dok,” but that that would still not explain the difference in Chinese characters. And even if “Dokdo” had been a nickname for Seokdo, it is very, very unlikely that the head of the county would send an official letter to his superiors using the “nickname.” The letter would have referred to the island by its official name.

    I think the Korean county head heard the Japanese say that “Dokdo” was 100 ri east of his county, misunderstood 100 ri to be 40 kilometers, and felt that that was too close to his county to be considered Japanese territory. He did not know that “Dokdo” was actually 92 kilometers away. If Dokdo had really been part of his county, he would have known where it was located.

    By the way, his superiors did not know where Dokdo was, either, and told the Uldo county head to investigate the island and report. Since Korea never did protest to the Japanese about their incorporation of Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima), the Korean investigation must have shown that “Dokdo” was not part of Korean territory.

    By the way, I used to know a Steve Barber who was a Korean linguist in the army in the late 1970s. We went to DLI together. I wonder if the Steve Barber mentioned on Lovmo’s site is the one I knew?

  3. sqz Says:

    ponta

    First the case you cite was 50 years after the laws regarding notification were changed in 1919 via the St Germain Treaty.

    Sorry, but I don’t understand what you are saying here.

    toadfaceが、まともに人の主張を聞いていないことの証拠ですよ。
    It is the evidence that toadface does not hear opinions of a person directly.
    サンジェルマン条約を言ったのは僕です。
    It is me that said Saint-Germain treaty.
    それから彼の僕に対する反論に対する反論を、もはや先に書いていあるというのに、彼は気付いてません。
    Then though I wrote an argument for an argument for me of toadface earlier, he does not notice it.

  4. ponta Says:

    sqz thanks
    Anyway

    Legally 1900 Korea edict is not specific enough to establish the title to Dokdo.
    Historically Seokdo in 1900 document is most likely to refer to Kwanundo.
    And according to Toadface, it is invalid because Korea did not notify it to Japan

  5. Two Cents Says:

    Although I’m way late on the topic, I though I’d point this out since no one seems to have, out of fondness of memories of my college years that the picture brought back.

    In the link provided by toadface, there is a map (2nd from last) with the label “A 1946 map published by Japan’s Geographical Department shows no islands West of Oki Islands.” He seems to use this as proof that the Japanese govenment did not recognize Takeshima even in 1946.
    http://www.geocities.com/mlovmo/temp17.html

    However, this map is not a territorial map. In fact, it’s NOT a map in the real sense of the word. It’s a CATALOGUE OF MAPS published by the geographical department (presently published by the Geographical Survey Institute). See how the blocks have a name of a region printed in them? You order the maps by this name and scale. See this online catalogue available presently.
    http://www.jmc.or.jp/map/ichiran/omote/omote.html
    In my college days, there was no such thing as online shopping, and we used the same catalogue as the one given by the link in toadface above (except a more updated version), provided free of charge by your local mapseller.

    The GSI does not issue separate large-scale maps for isolated islands in the sea, and they are usually provided as insertions into maps of the adjoing area for convenience, and Takeshima is no exception. In my days, you asked your local mapseller to find out which islands were included in which area. Now, it seems the information is provided in the catalogue.

    Anyhow, this was a version issued before the San Francisco Treaty, so it really doesn’t prove anything either way.

  6. katie646 Says:

    I just read up to the first video and have a question.
    It seems that you doubt about the usando as the old name of Dokto because of the totally different natural environments. But it doesn’t seem that not only the Korean side that has the problem of matching the names of island in that area. For example, you mentioned jukdo(chukdo), but did you know that it uses the same chinese letters with Japanese Takeshima? I always wondered, if then Dokdo is originally Takeshima, why there is no bamboos at all but just rocks?

    * Jukdo/Takeshima mean “island of bamboo.” But I don’t know how come the both countries have the same name for different islands, which do not really match with their natural environments.

  7. Two Cents Says:

    katie,
    Yes, we are all aware of the Jukto and Takeshima being written using the same Chinese characters, and that the fact is adding to the confusion.

    Ulleungdo had lots of bamboos, and that is why the Japanese originally referred to Ullengdo as Takeshima. However, when westerners mapped the islands in the Sea of Japan in the 19th century, they mistakenly mapped 3 islands instead of 2. Thus, the Japanese name shifted towards the Korean peninsula with the Liancourt Rocks being added on the Japanese side. Takeshima became the name for Argonaut Island, which was later found to be non-existent, and thus, the name Takeshima was lost. When Japan incorporated the Liancourt Rocks in 1905, it gave the island the “lost” name of Takeshima.

  8. Kaneganese Says:

    (Japanese translation for Gerry’s post)
    (Gerryの投稿の日本語訳です。)

    嘘、(欺瞞に満ちた)半面の真理、そして(人の注意をそらすような)空論

    これは、韓国政府による”独島” (竹島/Liancourt Rocks)が歴史的に韓国の領土であることを主張するビデオです。最初はビデオを最後まで見ながら一つ一つ問題点を指摘しようと思っていました。しかし、余りにも多くの嘘、欺瞞に満ちた半面の真理、そして人の注意をそらすような実の無い論議に満ち満ちており、それらを数えているうちにすっかりイヤになってしまいました。そんな事をして貴重な時間を無駄にするより、私はただ、次のように言いたいと思います。「1905年以前の韓国の地図や文献には、日本海に浮かぶいかなる島も、“独島”と言う名称で呼ばれていた事を示すものは無い。」ということです。「アメリカ人の法学教授が言った」という1900年公布の大韓帝国勅令第41号も、もちろんその中の一つです。つまり「韓国の地図や文献が“独島”の事を言っている」とビデオの中で流れる度に、それは嘘だ、と言うことが分かるでしょう。

    韓国の古い地図や文献には、日本海(東海)に浮かぶ二つの島について記述があります。その島の名前は、鬱陵島(武陵島)と于山島です。韓国人は、于山島が“独島”のことだと主張しており、そのため韓国の地図や文献の中に于山島という名前が出てくると、彼等は記述されている通りの名前ではなく、自動的にその島を独島と呼び変えてしまうのです。しかし、それはとても誤解を生じ易いというだけではなく、そもそも大きな誤りだと言えます。というのも、こうした地図や文献の中に出てくる于山島は、実際には竹嶼(竹島/Jukdo)という、鬱陵島の東沖4kmに満たない近い距離にある小さな島嶼のことを示しているのです。このことはつまり、ビデオの中で「日本側の文献が“独島”について何らかの記述がある」といっている時は、鬱陵島の隣接島の“竹嶼(竹島・Jukdo)”の事をいっていることになります。現在の“独島”のことではないのです。

    韓国の古地図には、于山島が鬱陵島のすぐ隣に描かれており、その場所は現在の独島 (竹島/Liancourt Rocks)が位置している鬱陵島東南93km沖ではありません。韓国の古い文献には于山島はとても肥沃な土地で、木や他の植物が生えている、と記述していますが、独島 (竹島/Liancourt Rocks)はただの岩山で木はおろか植物さえ殆ど生えていません。最近韓国人が土を持ち込んで植物を植えようとしていますが、それも目立つようなものではなく、木に至っては全くありません。韓国の古い文献では于山島の住民についても記述があります。それもこの島が“独島”ではありえない事を意味しています。独島 (竹島/Liancourt Rocks)には水も土も無く、人が生きていくことが出来ないからです。

    ビデオへのリンクの下に、于山島が現在の独島 (竹島/Liancourt Rocks)では有り得ない事を証明する韓国の古地図や、古い文献からの引用へのリンクを示します。しかし、まずは問題のビデオを見て、いくつ嘘や欺瞞に満ちた半面の真理を見つけられるか、試して見て下さい。

    “独島”ビデオへのリンク〈リンク〉
    〈日本語スクリプトへのリンク〉

    “(1145年) 三国史記 卷四・新羅本紀・智証麻立干 智証王13年(512年)夏6月条
    13年(512年)夏(6月)、于山国が服属し、その年から貢物をした。于山国は、溟州の真東にあり、別名鬱陵島ともいう。四方は100里ある。”

    「于山国は、別名鬱陵島ともいう」と記述されている事に注目して下さい。文中の面積も鬱陵島の面積とほぼ一致します。ところで于山国とは文字通り、“大きな山の国”という意味で、鬱陵島は“こんもり茂る大きな丘の島”の意味です。これは単なる偶然の一致でしょうか?

    “(1277年頃) 三国遺事 巻一 智哲老王
    以前琵羅州と呼ばれていた溟州の東の海中、風がよければ2日ほどの距離に、于陵島がある。その島は現在羽陵と呼ばれており、周囲の距離は26,730歩ある。”

    上記の引用で、鬱陵島は于陵島と記述されています。この記録の中では、于陵島の“于”は、于山島の“于”と同じ漢字が使用されています。このことから、于山島と鬱陵島は元々は一つの島に付けられた二つの名前であったことが窺い知れるのです。

    “(1412年 4月15日)太宗実録12年4月巳巳条 
    政府の命により、流山国島(Yusanguk-do)の人々をどう取り扱うべきかが議論された。江原道の観察使が流山国人の白加勿ら12名が高城の羅津にやってきて停泊し、言った事を次のように報告した。‘私達は武陵島で生まれ育ったが、後に本島に移住して今はそこに住んでいる。その島には11の家族がおり、全部で60人以上の住民がいる。島の距離は、東西と南北はそれぞれ2息〈60里〉で、周囲は8息(240里)ある。牛馬、水田は無いが、豆を1斗植えれば20石とれる。麦を1石植えれば50石余りの収穫が見込める。竹は椽〈たるき〉のように大きく、沢山の海産物や果物の木がある。’”

    知事が“流山国”と呼ばれる島(Yusanguk-do)から12人の人々がやってきた、と発言していることにお気づきでしょうか。さらに面白いのは、人々は“武陵島”と呼ばれる島で生まれ育ったものの、のちに于山国島と考えられる“本島”へ移動したと言っている事です。それはつまり、武陵島は于山国島に隣接する島で、11家族60人もの人間が生活できるだけのライフサポート=生活必需品があったのです。ということは、その隣接する島は、2,3人の人でさえ住めないただの岩山である独島/竹島では有り得ない訳です。

    住民による流山国島の描写から、“本島”が鬱陵島のことを指していることが分かります。隣接する、彼等が生まれ育った島(武陵島)はほぼ確実に、鬱陵島の最大の付属島である竹嶼/竹島〈Jukdo)であると言えます。下に、現在の鬱陵島の地図を揚げました。

    地図1:現在の鬱陵島

    上記の1412年の文献の引用によりますと、鬱陵島の住民は本島を“于山国島”と呼んでおり、隣接する島を“武陵島”と呼んでいました。もし、于山国島が鬱陵島の事を指しているのなら、武陵島はその東岸沖にあったはずです。と言うのも、鬱陵島の付属島は東岸沖にしかないからです。それは、何故初期の韓国の鬱陵島の地図では、于山島が鬱陵島の西に描かれていたのか、説明がつきます。ビデオの中に出てきた、1530年の韓国の地図からの切り抜きをご覧になって下さい。

    地図2: 八道総図 (1530)からの抜粋

    この地図で、于山島が鬱陵島の西に描かれていることがお分かりでしょうか。これは、上で説明した1412年の太宗実録の記録の中で、于山国島の住民が行った2島の位置関係の描写と一致します。

    ところで、独島ビデオの中で、この地図が韓国の地図で初めて“独島“の事を描いたものだ、と言っていますが、この地図の中では“独島”であるはずの島は“独島”とは呼ばれていません。しかも鬱陵島の西にあるので、実際は鬱陵島南東沖92kmに位置する”独島” (竹島/Liancourt Rocks)ではありえません。

    これら2つの島の名前は1700年代になって初めて入れ替わるのです。

    “(1416年9月2日) 大宗実録16年丙申九月庚寅条
    金麟雨〈キム・インウ)を武陵地域の安撫使に任命した。戸曹参判の朴習はこう言った。「私が江原道の都観察使(長官・知事)だった時、こう聞いた。‘武陵島の 周囲は7息で, そばに 小島があり, 田地が 50結ほどになるのに、その道は人が並んで歩く事はできないほど狭い。昔、方之用という者がおり、15戸の家族を率いて住み、時に仮倭(倭寇の振りをした朝鮮人)として盗みを働いた。その島を知っている者が三陟にいるので、使いをやって見てきてください。’

    王はそうすべきだと考え、三陟人の前万戸である金麟雨に武陵島について尋ねた。金麟雨は「三陟人の李万が武陵に行って戻ったことがあり、その島について詳しく知っているはずです。」と言い、すぐに李万を召還した。麟雨が言うには、「武陵島は遠く海の中にあり、互いに往来することが出来ないので、軍役を避ける者が時々逃げ込んで行くのです。もし この島に多くの人が接するようになれば、必ず侵犯して日本からやって来て盗みを働くでしょう。このようにして江原道を徐々に侵犯するやもしれません。」

    王は納得し、金麟雨を武陵地域の安撫使に任命し、李万を伴わせて、兵船 2尺、抄工 2人、引海 2人、銃と火薬、食料を携えその島へ行き、島の頭目人を諭して、戻ってきた。王は金麟雨に衣服、かさ、靴を褒美に与えた。”

    上記の記録で、前の江原道都観察使は、武陵島を本島と言っていますが、同時にその島には隣接する島があるとも言っています。おそらく彼は、1412年より以前に江原道都観察使の任に当たっており、“流山国島”の住民が鬱陵島の本島は、“流山国島”で、それより小さな隣接島は“武陵島”である、と伝えた時期より前だったのでしょう。

    王が金麟雨に島の検察を命じたとき、彼は金に単なる“武陵の安撫使”では無く、“武陵地域の安撫使”と言う肩書きを与えたのです。つまり、王はこの肩書きを作ったとき隣接する島の噂を聞いていたと考えられるのです。

    “(1417年2月5日) 大宗実録17年丁酉二月壬戌条
    安撫使(検察使)の金麟雨が于山島から戻り、土産に大竹、水牛皮、生苧、綿子、検撲(木業)木などの物を持ち帰り献上した。住民を3名連れて帰った。島には15戸の家族が住んでおり、人数は男女全員で86人である。島から帰還する際、再び台風に遭遇し、何とか生きて帰ることが出来た。”

    1416年の9月に金麟雨は、“武陵地域の安撫使”と言う任務を拝命して武陵島へ検察へ赴きます。しかし、お気づきでしょうか。この記録の中で金は、“武陵島”ではなく“于山島”から戻った、と書かれています。彼はまた、大竹や木などのお土産を持ち帰っています。おそらく金が武陵島に着いた時、島の住民がそこは武陵島ではなく“于山島”だ、と教えたのでしょう。記録の中では近くの小さな島が何という名で呼ばれていたのか記述されていませんが、はっきりと言えることは、金は大竹や木などを于山島で採取したということです。つまり、于山島は独島ではない、ということです。独島はこうした植物の生えない二つの岩で出来た島に過ぎないからです。

    “ (1417年2月8日) 大宗実録17年二月乙丑
    右議政韓尚敬が6人の大臣に命じ、于山武陵から住民をどう退去させるか協議した。皆このように言った。「武陵の住民を退去させない方がよいでしょう。五穀を給付し、農機具を与えて、安心して農業をさせましょう。そして帥撫使(武官?)を派遣して年貢を定めればよいではないですか。」

    しかし、工曹判書の黄喜だけは反対し、「彼等を定住させずに、速やかに退去させるべきです。」と申し上げた。

    王曰く「住民を退去させるのがよいであろう。これらの人民は今まで使役を逃れのんきに暮らしてきた。もし年貢を定めて武官を常駐させれば、必ず恨みを持つだろう。よって、これ以上長く停留させるわけにはいかない。金麟雨を安撫使に留めておき、于山武陵地域にもう一度派遣して住民を島から退去して本土へ戻るよう引率させよう。」

    王は(金麟雨へ)衣類、笠、及び靴を、また于山の住民3人に衣服を1揃いずつ与えた。そして江原道の観察使に命じ、兵船二隻を供給し、道内の水軍の中から有能な者を選んで麟雨に同行させるよう言った。”

    上記の記録では、大臣達は金麟雨が最近行った鬱陵島検察について話し合っています。彼等が住民のことを“于山武陵の住民”と言っていることに注意して下さい。つまり、于山と武陵が隣同士の島であるだけでなく、どちらの島にも住民が居る事を物語っています。また、“于山”という名前が“武陵”の前に付いていることがお分かりでしょうか。つまり、于山の方が大きな島である可能性が高いのです。最後に、金が“于山”の住民三名を連れ帰ったことに注目します。つまり、于山島には人が住んでいたのです。ここでまた、于山島が現在の独島では無いことが証明されました。

    “ (1417年8月6日) 大宗実録十七年八月条
    倭寇が于山と武陵島を襲った。”

    この記録は重ねて、于山島と武陵島が隣同士の島であったことを示しています。もし、二つの島のうちどちらかが現在の独島であるとすれば、どうやって片方の島が略奪にあっていることに気がつくのでしょう。92kmも離れているにも関わらず。そもそも、独島に略奪するものがあったのでしょうか?有り得ません。

    “(1425年8月8日) 世宗実録世宗七年八月条
    王(世宗)は金麟雨を再び于山武陵等安撫使に任命した。1416年、金乙之、李萬金、*(汚の右側)乙金ら、武陵島に住む平海の元住人の逃亡者を連れ帰った。1423年には金乙之を含む23人の男女が島へ逃げ戻った。その年5月、金乙之を含む7人の住民が妻や子を島に残して小さな船で海を渡り、平海の港へ密かに戻った所で発見された。監司は彼等を逮捕し、緊急の命令を出して島に残る住民を、村から一掃して連れ戻すように指示した。50人の人員と軍事物資を載せ、3ヵ月後金麟雨は船に乗り込み、出立した。その島は、東の海中にある。金麟雨は三陟の出身。”

    上記の記録で、金麟雨は今だ“于山武陵等安撫使”と呼ばれている事にお気づきでしょうか。彼は再び武陵島に派遣され、住民を連れ帰るように命じられます。ここでまた、彼の肩書きが于山と武陵島が隣り合う島であることを示唆しています。私は、ここで使われている武陵島という名称はその地域の一般的な名称ではないかと思っています。

    “(1425年10月20日) 世宗実録世宗7年10月乙酉條
    于山武陵等處按撫使の金麟雨 は、使役の義務を逃れるために島に渡っていた男女20人を探して捕え、帰還した。最初、麟雨は兵船二隻を拝領して茂陵島へ向かったが、46名を載せた一隻の兵船が途中強い風に吹かれて失踪してしまった。

    王が皆に言った。「20人を捕えるのに40人以上を失い、何の利益があろうか。あの島には特別な産物は無く、人々はただ賦役を逃れんがために島へ行くのであろう。」

    禮曹參判の金自知が言った。「今般捉えた逃亡民は、法律にのっとって裁かれるべきです。」王曰く「これらの者どもは、誰かに従って外国へ行ったわけではなく、しかもこうした事例では、以前は赦免されているので、新たに罪を加えることはあってはならない。」

    王は兵曹(法務省)に命じ、于忠清道の遠く深い山の中へ追放し、二度と逃亡出来ないようにした。また、3年間使役と年貢を免除した。”

    金麟雨 が茂陵島から20名の島民を連れ帰ったことに注意して下さい。

    “(1436年6月19日) 世宗実録世宗18年閏6月甲申條
    江原道監司の柳季聞が言った。「武陵島牛山 は、土地が肥沃で東西南北はそれぞれ50余里ある。沿海部は四方が石の壁で囲まれており、船が停泊できる場所がある。どうか、私に許可を頂き民を集め、この地を開拓させてください。もし萬戸守令を置いていただければ、長く努力することでしょう。」この希望は、宮廷から却下された。”

    上記の記録によると、江原道監司は“武陵島牛山”の開拓を願い出ており、つまり、于山が武陵島諸島に属していることを示しています。武陵島ではなく、牛山への移住を打診しているところから、于山が主島であることが分かります。事実、この于山の記述は、鬱陵島の主島の記述と合致します。

    “世宗実録世宗19年2月(1437年2月8日)
    江原道監司の柳季聞に対し王曰く‘1436年秋に茂陵島の土地は大変肥沃で、穀物は陸地の10倍とれ、多くの産物があるので県を設置し、守護を配置するのがよい、とお前は言った。また、そうすることで嶺東のフェンスとすべきだ、とも言った。すぐに大臣に命じ、討議させたが、皆口を揃えてこう言った。「この島は、本土から大変遠く、風と波が高く、不測の事態が起きやすい。よって、郡や県を設置するのは宜しくない。」

    お前は、今になってこのように言う。‘古老が言うには、以前日本人がやって来て嶺東を略奪している間、島に住んでいた。また、対馬に住んで嶺東から、東は咸吉道を侵略していた。茂陵島はずっと無人島であったため崎に日本人が占拠していたなら、将来大変憂慮すべきことになる。しかし、県を設置し守護を派遣して、住民を移住させることが難しい。ならば、毎年人員を派遣して、あるいは島内を探索したり産物を採取したり、馬場を作るなどすれば、日本人はこの島が我が国の地であると考えるだろう。’

    ‘どのくらい前に日本人達はやって来て住んでいるのか?いわゆる古老とは、何人いるのか?もし人を派遣するとすれば、何月のいつ頃波風が適当なのか?島へ行くには装備、物資はいかほどか?船は何艘必要か?”

    これらは、世宗が江原道監司の茂陵島開拓願に対する返答であるようです。しかし、王が“茂陵島の于山”ではなく、“茂陵島”と言っていることにお気づきでしょうか。王と監司は明らかに同じ場所について話しています。つまり、この“茂陵島”は単に于山の別名であるか、もしくは諸島グループを指す一般名なのでしょう。監司が前回は確実に“于山”の開拓を願い出ていた事を考えると、私は、おそらく後者の可能性が高いと思っています。

    これまでずっと韓国の歴史的文献を見てきましたが、今の所、茂陵島や于山島が独島の事を指している事を伺わせるようなものは何もありませんでした。それどころか、記録を見るとその地域には隣り合う2つの島があり、于山島がその二つのうち大きな島の方である事を知ることが出来ます。記録では、どちらの島にも植物があり、ある時期には住民がいた事が記述されています。

    では、一体韓国人は何処で于山島が独島を指していると言う考えを持ったのでしょう?実は、次に揚げる1454年の記録にその証拠がある、と彼等は主張しています。その記録とは、実際は江原道のある県にあたる、蔚珍県の様子を記述したものです。しかしながら、韓国人がこの記録を引用する時、彼等は蔚珍県の記述を全く省略してしまい、記録のうちたった1、2文だけを強調するのです。そこで、私はこの蔚珍県の記録の全文を載せようと思います。全体の文脈の中で問題の1,2文を読むことが、とても重用だと思うからです。

    “1454年 世宗実録「地理志」
    蔚珍県 監司(県知事)が1名いる。 高句麗時代の元の名称は于珍也県で新羅時代に現在の名称に変わり、郡になった。高麗時代には蔚珍県と呼ばれており、現王朝期も同じ名称でまだ呼ばれている。県の住民は、過去には半伊郡もしくは仙槎郞と呼ばれた、と言っている。

    藥師津は県南部にあり、骨長津は県北部にある。県境は、東は海岸までの8里、西は慶尙道安東任內小川県までの63里、南は平海までの37里、北は三陟までの32里である。270の池があり、人口は1430。軍隊は侍衛軍〈陸軍?〉が38人、水軍が70人、城の近衛軍が4人である。住民の名前は林、張、鄭、房、劉である。栄川から来た郷吏の閔と言う姓もある。土地の半分は肥沃であるが、残りは違う。漁労で生計を立てているが、皆とても武芸を崇敬している。1351結の土地を耕し、その3分の1は稲田である。その他、五穀, 桑、麻、柿、栗、梨、楮(こうぞ)などを生産している。貢物としては、蜂蜜、黃蠟、鐵、胡桃、石茸、五倍子、川椒、藿、漆、鹿脯、狐皮、狸皮、獐皮、虎皮、猪毛、大口魚、文魚、水魚、全鮑、紅蛤。薬草は、茯苓、當歸、前胡、白芨、五味子、人蔘がある。地場産物は61あり、篠竹、大きい竹と塩を含む。磁器の製作所が薪谷里の北方10里の所に、陶器の製作所は甘大里の北方12里の所にある。製品は余り質がよくない。皇山石城は周囲が徒歩616歩5尺で、時に村になっている。城内には泉が4つ、池が1つある。池は旱魃の厳しい時は干上がってしまうが、泉は決して涸れない。仇水亏勿山洞西部の興富駅北方44里のところに、温泉がある。駅は興富(古称は興府)・德神(古称は德新)・守山(古称は壽山)の3つである。狼煙を挙げる場所が4ヶ所あり、そのうち一つは平海沙冬山の南、竹津山の北の全反仁山にある。2つ目は竹津山で、竹邊串の北にある。3つ目は竹邊串で、亘出道山の北にある。最後は亘出道山で、三陟可谷山の北にある。

    県の西部の沖に于山、武陵という2つの島がある。これらの島々(と)の距離はさほど遠くなく、晴天で風のある日にはよく見える。新羅の時代には、于山國あるいは鬱陵島と呼ばれた。面積は100里である。

    大変険しい土地で、征服するのが難しいと思われたが、智證王十二年 (512 A.D.)に、異斯夫という者が何瑟羅州軍の長となり、こう言った。「于山人は無知で野蛮なので、武力で征服するのは困難である。そこで、知略を施さなければならない。」彼は恐ろしく獰猛そうな猛獣を木で作り、複数の軍の船に分載して島へ行き、住民へこう告げた。「もし服従しなければ、猛獣達を島へ放してお前達を食わせてしまうぞ。」島の住民は、恐れおののいて出てきて、服従した。

    高麗太祖十三年(930 A.D.)に、その島の住民は白吉と土豆を使いにして貢納した。〈ここを参照〈リンク〉)毅宗十三年には、審察使の金柔立たちが(島から)帰還しこう述べた。「島の中央に大きな山がある。頂から海岸までの距離は、東へ1万歩、西へ1万3千歩、南へ1万5千歩、北へ8千歩である。島には7つの村の跡がある。石仏像、鉄鐘、石塔もある。柴胡、蒿本、石南草が沢山自生している。

    我が太祖の時代(1392 ~1398 A.D.)に、多くの人が島へ逃げ込んだ、と伝えられる。三陟の住民である金麟雨が再び按撫使に任命されて島へ向かい、島の住民を強制的に退去させ、空島とした。金麟雨はこう報告している。「島の土地はとても肥沃で、竹は柱の如く太く、鼠は猫の如く大きい。桃の種は升のように大きい。その島の産物は、皆そんな具合である。」”

    この記録が、蔚珍県を比較の対照点としてそこから各地方〈村、軍駐屯地、名所〉の方角や距離を表しながら、蔚珍県とその周囲の様子を描いていることにお気づきでしょうか。于山島と武陵島についても次のようにその位置が述べられています。

    “県の西部の沖に于山、武陵という2つの島がある。これらの島々(と)の距離はさほど遠くなく、晴天で風のある日にはよく見える。新羅の時代には、于山國あるいは鬱陵島と呼ばれた。面積は100里である。”

    蔚珍県の周囲の他の場所について記述するとき、記録では方角と距離を里で表していますが、于山島と武陵島の場合、距離を里で示すかわりに、方角が示されてから、風のある晴れた日には目で見えるほど近くにある、と記述されています。

    韓国人が上掲の記録を見て、これは2島の間の距離を示していて、2島と蔚珍県の間の距離を示しているのではない、と言いますが、そう解釈した場合、この2島が何処にあるかが分からなくなってしまいます。蔚珍県の真東にあることだけは分かりますが、どのくらい東にあるのか、不明になってしまうのです。韓国側の解釈法では、日本海の反対側にあってもよいことにさえなってしまい、地理学的な本を読んでいるはずの読者に、甚だ分かりづらいものです。記録では、片方の島の大きさしか記載されておらず、そのことから、この2島が一つの島だと考えられるほど距離が近かった、と推測できるのです。思い出してください。“独島”は鬱陵島の東南92km沖にあるのですよ。

    1454年の記録に関する韓国側の解釈が記録全体の文脈のなかで説明になっていないだけでなく、全記録〈実録〉の中でもおかしな文章なのです。これ以前の記録のなかで、武陵島もしくは于山島のどちらにしても独島である事を示唆するものは存在しません。それどころか記録では、むしろ武陵島と于山島は隣り合う島で、名称の混乱が起こるほど近かった、ということを示唆しているのです。記録では、どちらの島にも、植生があったことが分かりますが、独島には植物が自生していません。また、記録では、どちらの島にも、人が住んでいたことが分かりますが、独島には土や水、その他の人間の定着に必要な資源が無いのです。武陵島と于山島はどちらの島も鬱陵島の面積を使って表されており、このこと自体もまた、名前の混乱が起こるほど近かった事を示しています。また、武陵島と于山島にはどちらも人が住んでいた、とありますが、独島はそれどころか土、水、その他の人が住むのに必要な資源が何も無いのです。

    もし、1454年の記録に関する韓国側の解釈が理解できる、と言う人がまだいるとすれば、次に揚げる1531年の新増東国興地勝覧の記録を、ぜひ見てみましょう。

    “1531年増補 新増東国興地勝覧
    于山島-鬱陵島 武陵や羽陵とも呼ばれるこれらの2島は、県の真東の沖にある。三つの峰が空に向かってそびえている。最も南の峰は、少し小さい。風があり、天気のよい日は峰の頂上の木々や麓の渚の砂浜がはっきりと見える。風のよい日は2日で到達する。于山と鬱陵は昔は面積100里の一つの島であった、と言われている。”

    上掲の記録で、「風があり、天気のよい日は峰の頂上の木々や麓の渚の砂浜がはっきりと見える。」とあることに気がつきましたか?このことから、この記録が独島のことを記述しているのでは無いことが分かります。独島には、木も砂浜もありませんから。2島に2日で到着する、と書かれていることにも注意して下さい。これは、この時代の鬱陵島への旅程と同じ日数です。独島へは、3日かかったはずです。

    下に揚げたのは、1710年の于山島と鬱陵島の地図で、本土から2島へ線が引かれています。

    地図3: 韓国の古地図(1710)からの抜粋

    2島に向かって引かれた線には、“2日の航程”と書かれています。つまり、これらの2島は互いに隣り合っている事を意味しています。もしもいずれかの島が独島であるなら、さらに1日かかるからです。おや、1710年では、韓国の地図ではまだ于山島が鬱陵島の西に描かれていますね。

    最後に、李朝朝鮮時代の韓国の人々が、鬱陵島から独島を眺めることが出来たのかどうか、ということを考えて見ましょう。何故それが難しいか、たくさん理由を挙げて説明する代わりに、とにかくこの“独島ビデオ”をご覧になる事をお勧めします。その中で、独島上空を飛行するヘリコプターから撮影された鬱陵島の写真が出てきます。たとえカメラがズームアウトしても,まだ水平線に鬱陵島が小さく写っています。それでは、今度は自分がヘリコプターに乗っていないと想像しながら、ビデオを見て下さい。鬱陵島を眺める代わりに、鬱陵島の429分の1の大きさの島を眺めていると想像して下さい。(自ずと答えは出るでしょう?)

    于山島はほぼ確実に、鬱陵島の東岸4km以内にある小さな島、竹嶼(竹島/Jukdo)です。これらの韓国の鬱陵島の地図は、はっきりと于山島が鬱陵島の隣接島であることを示しており、鬱陵島から92kmも離れている独島ではありません。

    于山島が独島では無い事を証明する韓国の地図〈リンク〉

  9. New Takeshima (Dokdo) Article in Japanese Newspaper » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  10. Desired Ground - Part Two « I, Shingen Says:

    […] The Koreans attempt to trace their historical claims all the way back to 512 AD. Their claims are extensive and I have neither the inclination nor time to press into them, although readers should start here with Gerry at Occidentalism’s posts ‘Lies, Half-Truths, & Dokdo Video’. Gerry does a great job at debunking much of the noise. You will find the links to the other parts of that series of posts at the end of that post. […]

  11. Dokdo Museum Head Admits Maps Show “Jukdo, not Dokdo” » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  12. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Part 8 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  13. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 8 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  14. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 9 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  15. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 10 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  16. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 11 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  17. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 12 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  18. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Part 9 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  19. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Part 10 » Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  20. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Part 11 · Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  21. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Part 9 · Occidentalism Says:

    […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  22. Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Part 12 · Occidentalism Says:

    […] Maeil Sinbo, June 22, 1913 As the above article suggests, even Ulleungdo residents in 1903 had lost track of Usando, though there was a rumor that it was forty to fifty ri northeast of Ulleungdo. By 1913, Koreans on Ulleungdo almost certainly knew of Liancourt Rocks (Dokdo), yet they were still searching for Usando, which tells us that they did not believe Usando to be Liancourt Rocks. Of course, the reason they could not find Usando it that it was just an old, forgotten name for Ulleungdo’s neighboring island of Jukdo, the “Bamboo Island.” Rhee Syngman’s Land Grab and the Reappearance of Usando When the Japanese were defeated in 1945, Korean President Rhee Syngman saw an opportunity to grab some free Japanese land. He did not only try to claim Tsushima, which had been Japanese territory for untold centuries, he even tried to lay claim to an island that did not exist. When it became apparent that the Americans were not going to accept his claims for Tsushima and a non-existent island, Rhee decided to focus his attention on the Japanese island of Takeshima (Liancourt Rocks), which was officially incorporated into Japanese territory in 1905 and had appeared on Japanese maps for hundreds of years before that. However, Rhee had a problem. Korea had no maps or documents to support a claim on Liancourt Rocks. Therefore, Korea started claiming that the Usando on old Korean maps and in old Korean documents was actually Liancourt Rocks, in spite of the fact that the maps showed Usando to be a neighboring island of Ulleungdo, not Liancourt Rocks. The Koreans must have assumed that the Americans would just accept their claim without asking any questions or doing any research, given that the US had just fought a bitter war with Japan and would supposedly have no reason to support Japanese claims. However, the Americans did ask questions and did do research, and they decided that Liancourt Rocks belonged to Japan. In fact, here is what US Secretary of State Dean Rusk told the Korean ambassor to the US. As regards the island of Dokdo, otherwise known as Takeshima or Liancourt Rocks, this normally uninhabited rock formation was according to our information never treated as part of Korea and, since about 1905, has been under the jurisdiction of the Oki Islands Branch Office of Shimane Prefecture of Japan. The island does not appear to ever before to have been claimed by Korea. Realizing that the 1952 Peace Treaty would not give them Takeshima, Koreans decided to take it by illegally occupying the islets, and they are still there. “When the Treaty of Peace with Japan was being drafted, the Republic of Korea asserted its claims to Dokto but the United States concluded that they remained under Japanese sovereignty and the Island was not included among the Islands that Japan released from its ownership under the Peace Treaty.” Usando, the old name for Ulleungdo’s neighboring island of Jukdo, is now being used to support a ridiculous Korean territorial claim on Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima). I wonder how long it will take before Korean historians finally get the courage to stand up and tell the truth? Links to More Posts on Takeshima/Dokdo (With Japanese translations) Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1  […]

  23. jackryan Says:

    This is very interesting theory.
    I have a question that I would much like to be answered, if possible.

    If the Korean side is wrong in saying that “U-san do” is not the present-day “Dokdo” and in fact it is the present-day “Juk do”, what justifies the Japanese when they call the islet “Takeshima,” which means “Juk do,” which means bamboo. I think this contradicts your arguement.

  24. generic xanax 2 mg no prescription Says:

    generic xanax 2 mg no prescription…

    news…

  25. Absurd claims - Korea Times | Occidentalism Says:

    […] If the editors at the Korea Times want to know about Dokdo/Takeshima, they should check out Gerry Bevers’ informational site, Dokdo-or-Takeshima, or check out the extensive Takeshima/Dokdo writings that he was written here, linked below. Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]

  26. Absurd claims - Korea Times | Occidentalism Says:

    […] If the editors at the Korea Times want to know about Dokdo/Takeshima, they should check out Gerry Bevers’ informational site, Dokdo-or-Takeshima, or check out the extensive Takeshima/Dokdo writings that he was written here, linked below. Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1 […]