Occidentalism
Duc, sequere, aut de via decede!

Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 2 Supplement

January 13th, 2007 . by Gerry-Bevers

This is just a simple followup to my post here, concerning Lee Gyu-won’s 1882 map of Ulleungdo. Some of you may remember my saying that there was some writing I could not read on the map near Dohang (島項 – 도항), which was the old name for the present-day island of Gwaneumdo. I was curious about that writing because the first character in the writing was 石 (석), which means “rock.” I was curious about that because I thought it might have something to do with Seokdo (石島 – 석도), which was a neighboring island of Ulleungdo mentioned in a 1900 Korean Imperial Edict. Anyway, I finally found out what the writing said.

A few weeks ago I went to Gyujanggak at Seoul National University to look at the microfilm of Lee’s 1882 map. The mystery writing on the map was simply describing the red spot you can see on the map. Here is what was written:

石間朱穴(석간주혈)  : “Red Hole Between the Rocks”

Here is the relevant portion of the map and the printout of the microfilm:

 I think the red hole was also mentioned in Lee’s diary. He thought it was curious-looking for some reason. Anyway, that writing provides no clues to where Seokdo was. 

Also, the following is a printout of the section of the map that shows two caves. One is labeled 窟巖(굴암), which means “Cave Rock,” and the other is labeled 可支窟 (가지굴), which means “Seal Cave.”

The name “Seal Cave” suggests that sea lions once lived in this vicinity of the island. In fact, here is an excerpt from a 1786 Ulleungdo Inspection report that mentions “two caves” and “sea lions.” 

“We advanced to Gaji Beach (可支仇味) and found two caves in the side of the mountain. It was too difficult to calculate their depth. We surprised some sea lions that dashed out (of a cave). All our riflemen fired at once and got two of them before they could get into the water.”

Notice that the report mentions two caves, and that sea lions dashed out of one of them. It is very possible that the two caves mentioned in the report were the very same two caves that showed up on the above 1882 map. The report also mentions a place called Gaji Beach (可支仇味 -가지구미), which means “Seal Beach.” Though Lee’s map does not show a “Seal Beach,” it does show a beach between the two caves labeled “Satae Gumi (沙汰邱尾), which means “Landslide Beach.” It is possible that the name of the beach changed in the ninety-six years that separated the 1786 report and Lee’s 1882 map. Maybe there was a landslide during that time?

I mention the above because Koreans claim that one of the old names for present-day Dokdo (Takeshima – Liancourt Rocks) was Gajido (可支島 – 가지도), which means “Seal Island.” Koreans base their claim on the following 1794 Ulleungdo inspection report:

We slept there (Southeast Jeojeondong on Ulleungdo), and on the 26th, we changed direction (reversed course) and went to Gajido (可支島), where we surprised four or five sea lions that dashed out. They looked like water buffalo. Our riflemen all fired at once and got two of them. The geographical features of the beach landing (丘尾津) was the strangest thing. We went about ten ri into the valley, where we found the remains of what were clearly ancient dwellings. On both sides, the hills and ravines were so high and deep that they were difficult to climb up.

Notice that the above 1794 report says that inspectors went to Gajido (Seal Island), where sea lions “dashed out” of somewhere. Could that “somewhere” have been caves? Anyway, the Gajido in the above report could not have been “Dokdo” because it also says that they then walked ten ri into a valley. Ten ri equals four kilometers, but the two islands of Dokdo combined is only about 330 meters.

Gajido is also mentioned in the Mangiyoram under the description of Ulleungdo here.

The Munheonbigo (文獻備考) says,

Ulleungdo is due east of Uljin in the middle of the sea. It is near Japan’s Unshyu (隱州) and has three peaks that shoot up into the sky. The Southern peak is a little lower. On a clear day, the trees on the peaks and the sand at their feet are clearly visible. With a fair wind, the island can be reached in two days. The land area is about 100 ri. It produces dropwort (柴胡 – 시호), mugwort (藁本 – 고본), moorwort (石南 – 석남), wisteria (藤草 – 등초), and various junipers and reeds (蘆).  There are many large bamboos, and the fruit of the reeds and the large seeds of the peaches are big enough to make a winecup or a doi measure.

The wildcats are as big as dogs and the rats as big as cats. In the middle of the sea are big animals that look like cows with red eyes and no horns. They lie on the seashore in groups and can hurt a lone man, but they usually rush into the water when they see people. Called Gajido (可之島), the island was originally Usanguk (于山國). It was attacked and taken during Silla, but fearing Japanese plunderers, the people were evacuated to the mainland and the land was left empty. 

The above passage says that Gajido was originally Usanguk, which was Ulleungdo. Gajido was either another name for Ulleungdo, a place on Ulleungdo, or one of Ulleungdo’s neighboring islands or islets.

Koreans claim that Gajido was Dokdo, but their claim seems to be based solely on the fact that there were sea lions at Gajido and there were once sea lions on Dokdo. However, as the above passages clearly show, there were also sea lions on Ulleungdo. Gajido was not Dokdo. Here are links to other posts that talk about Gajido: Link 1 and Link 2.

Japanese translation provided by Kaneganese

これは、李奎遠の1882年の鬱陵島の地図に関してのポストへの追加です。覚えている方もいらっしゃると思いますが、現在の観音島の旧名である島項 ( Dohang- 도항)の近くにいくつか読めない文字があるとその中で言いました。石と言う文字で始まっていたので、1900年の大韓帝国勅令第41号の中にある鬱陵島の隣にある島として挙げられた、石島 ( Seokdo- 석도)に何か関係があるかと思い、とても興味深く思っていたのですが、それがようやく判明しました。

数週間前、ソウル大学のGyujanggak(ママ)に行き、奎遠の1882年の地図のマイクロフィルムを見てきました。不明だった文字は、単に地図上の赤い部分を説明しているだけでした。以下の通りです。

石間朱穴(석간주혈) : “岩と岩の間の赤い穴”

以下がマイクロフィルムの地図のプリントアウトのうちの関連する部分です。
 写真1
 写真2
 写真3
赤い穴に関しては李奎遠の日記に記述があったと思います。どういうわけか、彼は変わった形をしている、と思ったようです。とにかく、この文字からは、石島 ( Seokdo)が何処にあるのかに関するヒントは得られませんでした。

さらに、以下は二つの岩窟を示している地図のプリントアウト部分です。一つは窟巖(굴암)で洞窟岩の意味、, もう一つは可支窟 (가지굴)でアシカ(オットセイ・アザラシ)の洞窟という意味です。
 写真4
アシカ洞窟と言う名称から、アシカが島のこの場所に生息していたと考えられます。1786年の鬱陵島視察報告のうち“二つの洞窟”と“アシカ”に言及している部分が実際にあるので以下に載せます。

 “私達はGaji Beach (可支仇味)アシカ浜へ進み、二つの洞窟を山中に発見した。奥行きを測ることは困難だった。(洞窟から)アシカが飛び出てきたのでて驚いた。射撃手が全員同時に発砲し、海に逃げる前に うち2頭を捕獲することが出来た。”

報告の中で、2つの洞窟とアシカがそのうちの一つの中から飛出たとあることに注意して下さい。これらの2つの洞窟が、先に挙げた1882年の地図にある2つの洞窟と同じものである可能性は大変高いと思います。この報告はアシカ浜(可支仇味 -가지구미)と呼ばれる場所についてもふれています。李奎遠の地図には“アシカ浜”は記載されていませんが、二つの洞窟の間に“地すべり浜”(沙汰邱尾)があります。1786年の報告と李奎遠の1882年の地図の間には96年の開きがあり、その間に浜の名称が変化したことも有り得ます。ひょっとすると、その間に地すべりか山くずれがあったのでしょうか?

これらのことに言及したのは、韓国人が独島(Takeshima – Liancourt Rocks)の昔の名前の一つがアシカ島(可支島 – 가지도),である、と主張しているからです。韓国人は次に挙げる1794年の鬱陵島検察報告を基にそう主張します。

“私達はそこ(鬱陵島のJeojeondong南東)で一晩を過ごし、26日に向きを変えてアシカ島(可支島)へ行った。そこで4,5頭のアシカが飛出てきて驚いた。水牛のようだった。射撃手が全員同時に発砲し、海に逃げる前に うち2頭を捕獲することが出来た。射撃手が全員同時に発砲し、海に逃げる前に うち2頭を捕獲することが出来た。浜津(丘尾津) の地形は大変奇妙だ。十里ほど谷を進み、明らかに昔の住居跡と思われるものを見つけた。両側の丘と峡谷はとても高くかつ深く、登ることは困難であった。”

この1794年の報告では検察団はアシカ島へ行きアシカが何処からか“飛出てきた”とあることに注意して下さい。この“何処か”が洞窟である可能性はあるでしょうか?とにかく、この報告のアシカ島は“独島”であったはずが無いと思います。というのも、彼らはそれから十里ほど谷を歩いた、とも記述しているからです。十里は4キロメートルにあたりますが、独島は2島合わせても330メートルしかないからです。

アシカ島は文獻備考の鬱陵島の記述中にも出てきます。

“元鄭容によると、鬱陵島は蔚珍の真東にあり、日本の隠州に近く、3つの峰が空に向かってそびえている。もっとも南の峰は少し低い。晴れた日には峰の木々やふもとの砂がよく見える。風のある時はその島へは2日で到達できる。土地は百里ほどでセリ・ヨモギ・ヒメシャクナゲ・フジ、その他色々な種類のビャクシンやアシが生えている。大きな竹が多く、アシの実や大きな桃の種があり、盃や計量カップを作れるほどの大きさだ。
野生の猫は犬ほどの大きさがあり、鼠は猫ほどの大きさだった。海中には大きな牛(赤い目をして角が無かった)のような生き物がいた。群れを作って浜で横たわっており、人間が一人でいれば危害を加えることもありそうだったが、たいていは人間を見るなり海へ急いで飛び込んだ。アシカ島 (可之島)と呼ばれる島は、元は于山國であった。新羅の時代に攻撃されて略奪されたが、日本人の略奪を恐れて人々は本土へ避難し、島は空島になった。”
上記の記述に、アシカ島 (可之島)はもとは于山國つまり鬱陵島と書かれています。アシカ島は鬱陵島、もしくは鬱陵島のある場所、または鬱陵島の隣接する島々か島嶼のひとつのいずれかです。

韓国人はアシカ島(可支島)が独島であると主張しますが、その主張は単にアシかがアシカ島にも独島にも生息していたと言う事実にのみ拠っているようです。しかし、上記の記述で明らかなように、鬱陵島にもアシカは生息していました。アシカ島(可支島)は独島ではありませんでした。アシカ島(可支島)については他の投稿にも記述しました。

Links to More Posts on Takeshima/Dokdo (With Japanese translations)

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 2

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 3

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 4

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 4 Supplement

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 5

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 6

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 7

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 8

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 9

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 10

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 1

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 4

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 5

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 6

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 7

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 8

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 9

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 10

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 11

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 12


25 Responses to “Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 2 Supplement”

  1. comment number 1 by: Aki

    Gerry,
    The Chinese characters for “Red Hole Between the Rocks” are “石間朱穴”. “穴” means “hole”.

  2. comment number 2 by: pacifist

    Gerry,

    The sentence reads “石間朱穴” not “石間朱空”. The word “穴” means literally a hole, so your interpretation is right anyway.

  3. comment number 3 by: pacifist

    Aki,

    Ooops! I posted almost the same posting as you, sorry.

  4. comment number 4 by: Gerry-Bevers

    Thank you. I couldn’t find that character and just assumed it was an abbreviation. I need to review my radicals. Anyway, I have made the correction.

  5. comment number 5 by: myCoree

    Hi, Gerry

    Your attention to Korea and Dokdo has not changed yet.
    Though your claims here give pains to my heart, I can’t find nothing new or fresh except this :

    石間朱穴(석간주혈) “Red Hole Between the Rocks”

    Thanks.

  6. comment number 6 by: Gerry-Bevers

    Hi myCoree,

    I am not trying to cause you or any other Korean pain. I only want the truth to come out. In the long run, truth will be the best medicine for everyone.

    Take care.

  7. comment number 7 by: Kaneganese

    This is a Japanese translation of Gerry”s post.

    I didn’t understand “doi measures”, so I just translated that “計量カップ” which means “a measure cup”. I hope other Japanese help me with correction. And I am sorry that I didn’t use quotation function.

    About what Mr.Tanaka says in that BBS. since it dates back to 2001 and its huge, it is impossible to read or translate everything. But looks like he is using that thread to refine his understanding for his site or typing old documents into modern Japanese through debate and work allocation. If there are any documents you are interested in, let me know.

    これは、李奎遠の1882年の鬱陵島の地図に関してのポストへの追加です。覚えている方もいらっしゃると思いますが、現在の観音島の旧名である島項 ( Dohang- 도항)の近くにいくつか読めない文字があるとその中で言いました。石と言う文字で始まっていたので、1900年の大韓帝国勅令第41号の中にある鬱陵島の隣にある島として挙げられた、石島 ( Seokdo- 석도)に何か関係があるかと思い、とても興味深く思っていたのですが、それがようやく判明しました。

    数週間前、ソウル大学のGyujanggak(ママ)に行き、奎遠の1882年の地図のマイクロフィルムを見てきました。不明だった文字は、単に地図上の赤い部分を説明しているだけでした。以下の通りです。

    石間朱穴(석간주혈) : “岩と岩の間の赤い穴”

    以下がマイクロフィルムの地図のプリントアウトのうちの関連する部分です。
     写真1
     写真2
     写真3
    赤い穴に関しては李奎遠の日記に記述があったと思います。どういうわけか、彼は変わった形をしている、と思ったようです。とにかく、この文字からは、石島 ( Seokdo)が何処にあるのかに関するヒントは得られませんでした。

    さらに、以下は二つの岩窟を示している地図のプリントアウト部分です。一つは窟巖(굴암)で洞窟岩の意味、, もう一つは可支窟 (가지굴)でアシカ(オットセイ・アザラシ)の洞窟という意味です。
     写真4
    アシカ洞窟と言う名称から、アシカが島のこの場所に生息していたと考えられます。1786年の鬱陵島視察報告のうち“二つの洞窟”と“アシカ”に言及している部分が実際にあるので以下に載せます。

     “私達はGaji Beach (可支仇味)アシカ浜へ進み、二つの洞窟を山中に発見した。奥行きを測ることは困難だった。(洞窟から)アシカが飛び出てきたのでて驚いた。射撃手が全員同時に発砲し、海に逃げる前に うち2頭を捕獲することが出来た。”

    報告の中で、2つの洞窟とアシカがそのうちの一つの中から飛出たとあることに注意して下さい。これらの2つの洞窟が、先に挙げた1882年の地図にある2つの洞窟と同じものである可能性は大変高いと思います。この報告はアシカ浜(可支仇味 -가지구미)と呼ばれる場所についてもふれています。李奎遠の地図には“アシカ浜”は記載されていませんが、二つの洞窟の間に“地すべり浜”(沙汰邱尾)があります。1786年の報告と李奎遠の1882年の地図の間には96年の開きがあり、その間に浜の名称が変化したことも有り得ます。ひょっとすると、その間に地すべりか山くずれがあったのでしょうか?

    これらのことに言及したのは、韓国人が独島(Takeshima – Liancourt Rocks)の昔の名前の一つがアシカ島(可支島 – 가지도),である、と主張しているからです。韓国人は次に挙げる1794年の鬱陵島検察報告を基にそう主張します。

    “私達はそこ(鬱陵島のJeojeondong南東)で一晩を過ごし、26日に向きを変えてアシカ島(可支島)へ行った。そこで4,5頭のアシカが飛出てきて驚いた。水牛のようだった。射撃手が全員同時に発砲し、海に逃げる前に うち2頭を捕獲することが出来た。射撃手が全員同時に発砲し、海に逃げる前に うち2頭を捕獲することが出来た。浜津(丘尾津) の地形は大変奇妙だ。十里ほど谷を進み、明らかに昔の住居跡と思われるものを見つけた。両側の丘と峡谷はとても高くかつ深く、登ることは困難であった。”

    この1794年の報告では検察団はアシカ島へ行きアシカが何処からか“飛出てきた”とあることに注意して下さい。この“何処か”が洞窟である可能性はあるでしょうか?とにかく、この報告のアシカ島は“独島”であったはずが無いと思います。というのも、彼らはそれから十里ほど谷を歩いた、とも記述しているからです。十里は4キロメートルにあたりますが、独島は2島合わせても330メートルしかないからです。

    アシカ島は文獻備考の鬱陵島の記述中にも出てきます。

    “元鄭容によると、鬱陵島は蔚珍の真東にあり、日本の隠州に近く、3つの峰が空に向かってそびえている。もっとも南の峰は少し低い。晴れた日には峰の木々やふもとの砂がよく見える。風のある時はその島へは2日で到達できる。土地は百里ほどでセリ・ヨモギ・ヒメシャクナゲ・フジ、その他色々な種類のビャクシンやアシが生えている。大きな竹が多く、アシの実や大きな桃の種があり、盃や計量カップを作れるほどの大きさだ。
    野生の猫は犬ほどの大きさがあり、鼠は猫ほどの大きさだった。海中には大きな牛(赤い目をして角が無かった)のような生き物がいた。群れを作って浜で横たわっており、人間が一人でいれば危害を加えることもありそうだったが、たいていは人間を見るなり海へ急いで飛び込んだ。アシカ島 (可之島)と呼ばれる島は、元は于山國であった。新羅の時代に攻撃されて略奪されたが、日本人の略奪を恐れて人々は本土へ避難し、島は空島になった。”
    上記の記述に、アシカ島 (可之島)はもとは于山國つまり鬱陵島と書かれています。アシカ島は鬱陵島、もしくは鬱陵島のある場所、または鬱陵島の隣接する島々か島嶼のひとつのいずれかです。

    韓国人はアシカ島(可支島)が独島であると主張しますが、その主張は単にアシかがアシカ島にも独島にも生息していたと言う事実にのみ拠っているようです。しかし、上記の記述で明らかなように、鬱陵島にもアシカは生息していました。アシカ島(可支島)は独島ではありませんでした。アシカ島(可支島)については他の投稿にも記述しました。

  8. comment number 8 by: ponta

    Kaneganese
    great job! Really great. Thank you.
    Let’s translate other important posts by Gerry a little by little when we have time.
    Can I have your e mail?
    [email protected]


  9. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  10. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  11. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  12. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  13. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  14. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  15. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  16. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  17. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  18. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  19. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  20. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  21. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  22. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  23. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  24. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]


  25. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement […]