Occidentalism
Duc, sequere, aut de via decede!

Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 3

September 9th, 2006 . by Gerry-Bevers

Haedongjido (海東地圖): Ulleungdo, Usando, and Sea Lions

The following is one of the first detailed maps of Ulleungdo, at least one of the first among those still existing. It was published in a Korean atlas sometime in the 1750s. The name of the atlas was Haedongjido (海東地圖).

Ulleungdo (Full Map)

The writing at the top of the map is a list of plants, animals, and sea life found on and around the island.

Ulleungdo Products

Among the products listed on the map are 可支魚, which means “seals” or “sea lions,” which is circled in red on the above map. Korean historical documents talk about Koreans hunting for seals or sea lions on Ulleungdo, but some Koreans claim that the seals or sea lions they hunted were on Liancourt Rocks (Dokdo/Takeshima). This map is proof that Ulleungdo did, indeed, have seals or sea lions.

Ulleungdo Northeast Section

The above map is the northeast section of the Ulleungdo. The first thing you should notice is the small island just off the east coast. The island is labeled as 所謂于山島, which means “the so-called Usando.” The island is almost certainly present-day Jukdo (竹島), which is Ulleungdo’s largest neighboring island. Jukdo is less than four kilometers off the east shore of Ulleungdo. You can see a picture of Jukdo here.

Koreans claim that Usando was “Dokdo” (Liancourt Rocks), which is ninety-two kilometers southeast of Ulleungdo, but the above map shows very clearly that Usando was just a neighboring island of Ulleungdo. Besides, the island on the map does not even look like “Dokdo,” which should be drawn as two islets. Here is a picture of Dokdo.

There is at least one port on the above map, labeled as Sagongpo (沙工浦), which means “Seaman’s Port.” Right next to Sagongpo is the name Jeojeon-dong (苧田洞), which was either just another name for Sagongpo or a village farther up the valley. At any rate, the two names are right next to each other. I am not sure where Sagongpo was, but the map shows it south of Ugak-am (牛角岩), which looks like present-day Samseon-am (三仙岩 – 삼선암). That would suggest that Sagongpo was located near present-day Gwaneumdo (觀音島), but that does not seem like it would have made a very good “Seaman’s Port.” It is possible that Sagongpo was located at present-day Jukam (竹岩 – 죽암) or maybe Choenbu Harbor (天府港 – 천부항), but the map suggests that it was farther west than those two places. By the way, I cannot explain why Gwaneumdo is not shown on this map.

Also on the map are the phrases 倭船倉可, which means “Japanese boat dock,” and 刻石立標, which means “engraved stone marker.” The fact that the phrases are written next to each other in the same size script suggests that the phrase “Japanese Boat Dock” was written on the stone marker. This might explain why “Japanese Boat Dock” would appear on a Korean map.

The map also shows rocks that can still be seen on and around Ulleungdo today. One is labeled as Ugak-am (牛角岩), which means “Cow Horns Rock.” Today that rock is called “Samseon-am.” Next to Ugak-am is Ssangpo-am (雙布岩), which means “Double Ramie Cloth Rock.” Today it is called “Gawui Bawui,” which means “Scissors Rock.” Next to Scissors Rock is Seonyudae (仙遊臺), which means “a high place where nymphs play.” Today it is called Ddan Bawui. Notice that the rocks that Koreans associate with nymphs today are different from the rock they associated with them in the 1700s.

Finally, there is Gong-am (孔岩), which means “Hole Rock.” Today, Koreans still call the rock “Hole Rock,” but they also call it “Elephant Rock” because it looks like an elephant with its trunk in the water. For some reason, Gongam is drawn on the coast of Ulleungdo instead of outshore.

There is a rock on Ulleungdo labelled as Daeso-am (大銷岩), which literally means, “Big, Melted Rock.” I am not sure which rock this is referring to, but it seems to be talking about a large rock made of lava. Based on its location on the map, next to Gong-am, it seems to be referring to present-day Sotgot-bong.

The map also shows that there were remains of a stone castle gate. They were labeled as 有石城門基北. According to a Seoul National University Web site, the 北 character was probably a mistake and should have been 地.

The map also says that it was thirty ri from the coast of Ulleungdo to its central peak (自中峯三十餘里).

Ulleungdo Southeast Section

The above map shows Ulleungdo’s southeast section. Is shows two beaches and at least one other place to moor boats. One beach was called “Dojang-gumi” (道莊仇尾), which was probably present-day Jeodong Habor. The other beach was called Juto-gumi (朱土仇尾), which was probably present-day Sadong Harbor. Between Dojang-gumi and Juto-gumi is a place labed as 船泊可居, which seems to be referring to present-day Dodong Harbor.

The map shows one island off the southeast coast, but there is no island in that area, so I think that it is referring to Cape Haengnam (행남), which is located in that area between Jeodong Harbor and Dodong Harbor. You can see it on this map.

The map also shows a couple of rocks offshore, but they are unnamed. They are probably referring to present-day Bukjeo Bawui and Chotdae-am. One of the rocks is labed as 立岩刻標, which means “an engraved rock marker.”

The map also shows a cave (窟) on the coast near the mouth of the stream, which is just south of present-day Jeodong Harbor. The map also shows the island’s central peak (中峯) and gives a distance to there from the shore of about twenty ri (自中峯二十餘里). It also shows the location of old structure foundations (基址三四處 and 基址三處) and a site of ten stone-piled graves (石葬十餘處). 

Ulleungdo Southwest Section

The above map is the southwest section of Ulleungdo. It shows one beach called Judo-gumi (朱土仇尾), which was probably present-day Sadong Harbor. This was already mentioned in the previous map since there is an overlap between the two maps. The above map, however, shows a cave next to Judo-gumi called Judo Cave (朱土窟), which means “Red Earth Cave.” There is another place west of Judo-gumi where boats can be moored. This may be present-day Togumi Beach, which is just to the west of present-day Gido Point.  I think Gido Point is represented by the two small islands (島) shown on the map since there are no islands in that area. Two more unnamed islands (島) also appear farther north on the map, but since there are no islands in that area either, I interpret them to represent another point of land sticking out into the water, but I am not sure what point.

Farther north, there is a rock on the shore named Hwang-am (黃岩), which means “Yellow Rock.” There is also an unnamed rock drawn out in the water, but there is no rock in the water in that area, so it may just a way to show the shape of a peak or chiff face on shore.

The map mentions an erected marker (刻板立標). Next to those characters are the characters, 一島中最大 待風所可居, which mean “The largest wind waiting place on the island.” Since the two sets of characters were written next to each other in the same size characters, the second set of characters may have been what was written on the marker. By the way, I think “wind waiting place” was referring to a cove. 

The characters telling about the marker and the “wind waiting place” appear at the mouth of a stream on the map, which makes me think that the place was present-day Namyang Beach (남양 해수욕장), which is also at the mouth of a stream. Also, up the stream from Namyang Beach is a fairly wide area where there is a bit of farmland. That may be the area on the map marked by the characters 慣豁 (관활), which mean “broadminded” or “generous,” but here may be referring to a “wide open” area.

The map also mentions the remains of a pagoda and a Buddhist temple (有塔寺刹基址), the ruins of six or seven structures (基址六七處), and an area with ten stone-piled graves (石葬十餘處).

Ulleungdo Northwest Section

The above map is the northwest section of Ulleungdo. It shows one beach on the northern part of the map labeled 天低仇尾 (Cheonjo-gumi), which I suspect was located near present-day Pyeong-ri since it was located at the mouth of a stream and west of a big rock (大岩), which I suspect was present-day Noin-bong.

The map also shows a cave labeled 朱土窟, which means “Red Earth Cave.” I think this was a reference to Yellow Earth Cave (황토굴), which is near present-day Taeha Harbor (태하항).

The map gives two distances to the central peak from the shore. One is forty ri (自中峯四十餘里), and one is thirty ri (自中峯三十餘里). There are also remains of three or four structural foundations (基址三四處) and twenty or so stone-piled graves (石葬卄餘處).

Conclusion

Koreans claim or suggest that references to sea lion hunting in old Korean documents were proof that Koreans traveled to “Dokdo” (Liancourt Rocks), but the above map pours cold water on that claim since it shows that there were also sea lions on Ulleungdo.

The map also shows that Usando was just a neighboring island of Ulleungdo. It was not “Dokdo” (Liancourt Rocks), as Koreans claim, since Dokdo is ninety-two kilometers southeast of Ulleungdo. Usando was most likely Jukdo (竹島), a small island less than four kilometers off of Ulleungdo’s east coast.

Japanese Translation Provided by Kaneganese

(Japanese translation for Gerry’s post)
(Gerryの投稿の日本語訳です。 訳者注:漢字名が判明しない箇所が多く、固有名詞に関しては現在調査中です。)

海東地圖:鬱陵島、于山島、そしてアシカ

以下の地図は鬱陵島を詳細に描写したものの一つです。少なくとも、現存しているもののうちの最も初期のものの一つ、と言えるでしょう。1750年頃に発行された韓国の地図帳です。海東地圖という名称です。

 地図1:海東地圖

地図の上部にある記述は、島の上や周囲で見られる植物、動物、海洋生物のリストです。

 地図2:地図1の文字の部分の拡大図

地図に記載されている産物のリストのうち、可支魚という文字が見られます。これは、アザラシ(もしくはオットセイ)、アシカを意味します。上掲の地図の該当部を赤で囲ってみました。韓国の過去文献では、朝鮮人が鬱陵島でアシカを捕獲していた、とあるのですが、韓国人の中にはアシカを捕獲していたのは Liancourt Rocks (独島/竹島)だ、主張する人々がいます。もちろんこの地図は、鬱陵島には確かにアシカがいた、ということの証明になります。

 地図3:北東部拡大図

上掲の地図は、鬱陵島の北東部です。まず第一に気がつくのは、東岸のすぐ沖にある小さな島です。この島は、所謂于山島(いわゆる于山島)と表示されています。この島はほぼ確実に、鬱陵島に隣接する最も大きな島である現在の竹嶼に間違いありません。竹嶼の写真はここで見られます。〈リンク〉

韓国人は“于山島”が、鬱陵島の南東92kmの距離にある、現在の独島の古い名前であると主張していますが、上記の地図では、明確に于山島は鬱陵島に隣接する島の一つにすぎないことを示しています。そもそも、地図上の島は“独島”にはまったく見えません。“独島”は、二つの小さな島として描かれていなければなりません。“独島”の写真をここで見ることが出来ます。〈リンク〉

地図には少なくとも一つ、港が描かれています。沙工浦と記されているものです。意味は船乗りの港、です。そのすぐ右には 苧田洞という名前が見受けられますが、おそらく、沙工浦の別名であるか、谷のずっと上の方にある村の名前であると思われます。いずれにせよ、これらの二つの名称は隣り合って記されています。沙工浦がどこであったのよく分かりませんが、地図では現在の三仙岩にそっくりな牛角岩の南に描かれています。そうしたことから考えると、沙工浦は現在の観音島の傍だったと思われますが、余りよい“船乗りの港”があったとは考えにくいのです。沙工浦は現在の竹岩もしくは天府港あたりに位置していた、とも考えられますが、地図では、これらの場所より西にあったと見受けられます。ところで、なぜこの地図では観音島が描かれていないのでしょうか。説明できません。

また、地図には倭船倉可、また刻石立標と書かれており、それぞれ“日本船停泊波止場”、“石碑”を意味しています。これらの文章が同じ大きさで並べて書かれていることから、この石碑に日本船停泊波止場と刻まれていたと考えられます。ですから、韓国の地図に日本船停泊波止場という文が出現したのでしょう。

この地図ではまた、現在の鬱陵島の周りに今も見られる岩々を描いています。そのうちの一つは牛角岩で、現在は三仙岩と呼ばれています。牛角岩の隣には雙布岩があります。“ラミー(チョマ)の重ね布”岩という意味です。今日“Gawui Bawui”と呼ばれています。意味は、“ハサミ岩”です。その隣は仙遊臺で、“仙人が遊ぶ高い場所”という意味です。今日“Ddan岩”と呼ばれています。 現在韓国人が仙人のイメージと重ね合わせて見ている岩と1700年代に見ていた岩が違うことにお気づきでしょうか。

最後に、孔岩つまり、“穴のある岩”です。今でも韓国人は“孔岩”と呼んでいますが、“象岩”とも呼んでいます。象が花を水に付けている様子に見えるからです。どうした理由か、孔岩は沖ではなく浜の上に描かれています。

鬱陵島には大銷岩と表示されている岩があります。文字通り、大きな溶けた岩という意味です。どの岩を指しているのか確信が持てませんが、溶岩で出来た大きな岩のことを言っているのだと思われます。地図上に孔岩の隣に描かれていることからすると、今日のSotgot岩(獅子岩?)であると思われます。

地図はまた、城門跡があったことも記しています。有石城門基北と表示されています。ソウル大学のウェブサイトによると、北と言う文字はおそらく誤表記で、地であるべきだ、とのことです。

地図にはまた、海岸線から中央の峰まで三十里である、と記されています。(自中峯三十餘里)

 地図4:南東部拡大図

上記の地図は、鬱陵島の南東部分を表しています。二つの浜と少なくとも一つ、船を停泊させる場所を描いています。浜の一つは “道莊仇尾”と呼ばれており、おそらく現在の苧洞港であると思われます。もう一つの浜は“朱土仇尾”で、おそらく現在の沙洞港と考えられます。この二つの浜の間にある場所は“船泊可居”と記されており、現在の道洞港のことではないかと思われます。

地図では、南東沖に一つ島がありますが、その辺りに島が無いことから、苧洞港と道洞港の間にあるHaengnam(행남)(楳南?〉岬のことだと思われます。この地図で確認出来ます。〈リンク〉

地図には沖に岩がいくつか描かれていますが、名称が記載されていません。現在のBukjeo岩とチョッテ岩のことだと思われます。岩の一つに立岩刻標と記されており、“文字が刻まれた標石が立っている”ことを意味しています。

現在の苧洞港の南の河口の傍の海岸には、洞穴も描かれています。地図ではまた、中央の峰が描かれており、海岸より約二十里である、と距離が明示されています(自中峯二十餘里)。また、古い構造物の基礎の場所(基址三四處、基址三處)や、10個の石積みの墓の場所(石葬十餘處)も示しています。

 地図5:南西部拡大図

上掲の地図は鬱陵島の南西部を表しています。朱土仇尾と記されている浜がありますが、おそらく現在の水洞港と考えられます。これについては既にふれましたが、それは二つの地図が重なったためです。しかしながら、上掲の地図に、朱土仇尾の横に“赤土の洞穴”という意味の、朱土窟という洞穴があるのがわかります。また、朱土仇尾の西側に、船を係留出来る別の場所があり、現在のGido Pointのすぐ西にある通亀浜を指していると思われます。その範囲に現在島が無いことから、Gido Pointは、地図上では二つの小さな島で表されていると思います。そのもう少し北に、二つの島が描かれていますが、その辺りにもしまが存在しないことから、海に向かって突き出た土地を表している、と解釈したのですが、どの土地かは確信がありません。

もっと北に行くと、黄岩が海岸の上に描かれています。 “黄色の岩”という意味です。もう一つ、海中に名称が記載されていない岩が確認出来ますが、その場所にも岩が無いことから、単に海岸の先端か崖の形状を描いたものではないでしょうか。

地図には“刻板立標”つまり板でできた標識について触れています。これらの文字列の隣には“一島中最大 待風所可居”という文字列があり、“島の中で最も広い、風を待つ場所”という意味です。五文字ずつ2セット並んでいるので、後の方の“待風所可居”は、標識に刻まれていた可能性があります。ところで、“風を待つ場所”とは、洞穴を指しているのではないでしょうか。

これらの標識と“風を待つ場所”を指す文字列は、地図上では河口付近に記載されているため、この場所は同じく河口に位置する今のNamyang(남양 해수욕장)浜に当たるのではないか、と私は思うのです。また、そこから川上に向かったところに、ある程度の広さを持つ土地があり、小さな耕作地になっています。それは“広い心を持った”とか“寛大な”という意味を持つ慣豁 という文字が記されている場所に当たるのかもしれませんが、又は、単に“広い開けた場所”と言っているのかもしれません。

地図にはまた、塔や仏教寺院の跡(有塔寺刹基址)、6、7つの構造物の基礎(基址六七處)、そして10の石墓(石葬十餘處)がある場所が記載されています。

 地図6:北西部の拡大図

上掲の地図は、鬱陵島北西部です。北部に天低仇尾と書かれた入江があります。私はそれが現在の平里の近くだったのではないかと考えています。というのも、河口にあり、現在Noin岩〈老人岩?〉と呼ばれる大きな岩の西に位置しているからです。

地図にはまた、“赤土の洞穴”という意味の朱土窟と記された洞穴が描かれています。これは、今の台霞港そばにある黄土洞穴ではないかと考えています。

地図には海岸から中央の峰までの距離が二つ記載されています。一つは四十里(自中峯四十餘里)で、もう一つは三十里(自中峯三十餘里)です。さらに3,4つの構造物の基礎の跡と、20程度の石墓があると記載されています。

結論

韓国人は、古い朝鮮の文献にアシカ猟の記述があることから、それが朝鮮人が“独島” (Liancourt Rocks)に渡航していた証拠である、と主張、もしくはほのめかしますが、上掲の地図により鬱陵島にもアシかがいたことが分かるので、現実味のない主張になるでしょう。

地図ではまた、于山島が単なる鬱陵島に隣接する島であることを示しています。“独島” は鬱陵島の南東92kmに位置する島なので、于山島は韓国人が主張するような“独島” (Liancourt Rocks)ではないのです。于山島は鬱陵島の東岸沖4km以内にある小さな島、竹嶼(Jukdo)である可能性が最も高いのです。

Links to More Posts on Takeshima/Dokdo (With Japanese translations)

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 1

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 2

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 3

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 4

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 4 Supplement

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 5

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 6

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 7

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 8

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 9

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 10

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Part 11

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 1

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 2 Supplement

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 4

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 5

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 6

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 7

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 8

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 9

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 10

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 11

Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 12


21 Responses to “Lies, Half-truths, & Dokdo Video, Maps 3”

  1. comment number 1 by: pacifist

    Great!

    I am always astonished by your detailed work.
    This must be one of the proofs that show Koreans didn’t know about Takeshima/Dokdo until 18th century, although Japanese knew and used it in the 17th century.

    Thanks, Gerry!

  2. comment number 2 by: Matt

    This must be one of the proofs that show Koreans didn’t know about Takeshima/Dokdo until 18th century, although Japanese knew and used it in the 17th century.

    Koreans knew about it in the 18th century? I thought they were unaware until the 20th century.

  3. comment number 3 by: pacifist

    Matt,

    Sorry for my poor English!

    I should have written as “Koreans didn’t know about Takeshima/Dokdo at least in the 18th century”.
    Thank you for correcting my mistake!

  4. comment number 4 by: opp

    Matt & pacifist,
    There is only one record thought to be Takeshima/Dokdo in Korea.
    張漢相 was made a leader, and the survey of Ulleungdo was executed in 1694.
    writes as follows.

    A small island is seen far away in the southeast of Ulleungdo. The size is less than 1/3 of Ulleungdo, and the distance is about 300ri(120km).

    I think this small island is Takeshima/Dokdo. It is a discovery of Takeshima/Dokdo 45 years later than Japan. He wrote not ” Usando” but “small island”. It is a evidende that Usando is not Takeshima/Dokdo. And, Takeshima/Dokdo which had discovered by him was forgotten afterwards in Korea.

  5. comment number 5 by: pacifist

    opp,

    I haven’t read this report before. It is quite interesting!
    Could you please tell us the details of the report, such as the title of the book and the author etc? Thanks.

  6. comment number 6 by: opp

    Gerry,
    It’s very interesting!!
    I am collating the search record in 1807 with this map.
    The place where it moored first in the search record is between 黄土窟 and 屏風石. I think that “黄土窟” is “朱土窟” on this map, but “屏風石” can’t see on this map.
    I coudn’t understand the meening of ” 仇尾” or ”仇味”, I think that it means a beach when this map is seen.

    pacifist,

    Original report is here.
    半ケツ通信に誇らしげに掲載されてます。

  7. comment number 7 by: pacifist

    Opp,

    Thanks a lot. It’s interesting.
    Can anyone translate these Chinese texts?

  8. comment number 8 by: Kaneganese

    (Japanese translation for Gerry’s post)
    (Gerryの投稿の日本語訳です。 訳者注:漢字名が判明しない箇所が多く、固有名詞に関しては現在調査中です。)

    海東地圖:鬱陵島、于山島、そしてアシカ

    以下の地図は鬱陵島を詳細に描写したものの一つです。少なくとも、現存しているもののうちの最も初期のものの一つ、と言えるでしょう。1750年頃に発行された韓国の地図帳です。海東地圖という名称です。

     地図1:海東地圖

    地図の上部にある記述は、島の上や周囲で見られる植物、動物、海洋生物のリストです。

     地図2:地図1の文字の部分の拡大図

    地図に記載されている産物のリストのうち、可支魚という文字が見られます。これは、アザラシ(もしくはオットセイ)、アシカを意味します。上掲の地図の該当部を赤で囲ってみました。韓国の過去文献では、朝鮮人が鬱陵島でアシカを捕獲していた、とあるのですが、韓国人の中にはアシカを捕獲していたのは Liancourt Rocks (独島/竹島)だ、主張する人々がいます。もちろんこの地図は、鬱陵島には確かにアシカがいた、ということの証明になります。

     地図3:北東部拡大図

    上掲の地図は、鬱陵島の北東部です。まず第一に気がつくのは、東岸のすぐ沖にある小さな島です。この島は、所謂于山島(いわゆる于山島)と表示されています。この島はほぼ確実に、鬱陵島に隣接する最も大きな島である現在の竹嶼に間違いありません。竹嶼の写真はここで見られます。〈リンク〉

    韓国人は“于山島”が、鬱陵島の南東92kmの距離にある、現在の独島の古い名前であると主張していますが、上記の地図では、明確に于山島は鬱陵島に隣接する島の一つにすぎないことを示しています。そもそも、地図上の島は“独島”にはまったく見えません。“独島”は、二つの小さな島として描かれていなければなりません。“独島”の写真をここで見ることが出来ます。〈リンク〉

    地図には少なくとも一つ、港が描かれています。沙工浦と記されているものです。意味は船乗りの港、です。そのすぐ右には 苧田洞という名前が見受けられますが、おそらく、沙工浦の別名であるか、谷のずっと上の方にある村の名前であると思われます。いずれにせよ、これらの二つの名称は隣り合って記されています。沙工浦がどこであったのよく分かりませんが、地図では現在の三仙岩にそっくりな牛角岩の南に描かれています。そうしたことから考えると、沙工浦は現在の観音島の傍だったと思われますが、余りよい“船乗りの港”があったとは考えにくいのです。沙工浦は現在の竹岩もしくは天府港あたりに位置していた、とも考えられますが、地図では、これらの場所より西にあったと見受けられます。ところで、なぜこの地図では観音島が描かれていないのでしょうか。説明できません。

    また、地図には倭船倉可、また刻石立標と書かれており、それぞれ“日本船停泊波止場”、“石碑”を意味しています。これらの文章が同じ大きさで並べて書かれていることから、この石碑に日本船停泊波止場と刻まれていたと考えられます。ですから、韓国の地図に日本船停泊波止場という文が出現したのでしょう。

    この地図ではまた、現在の鬱陵島の周りに今も見られる岩々を描いています。そのうちの一つは牛角岩で、現在は三仙岩と呼ばれています。牛角岩の隣には雙布岩があります。“ラミー(チョマ)の重ね布”岩という意味です。今日“Gawui Bawui”と呼ばれています。意味は、“ハサミ岩”です。その隣は仙遊臺で、“仙人が遊ぶ高い場所”という意味です。今日“Ddan岩”と呼ばれています。 現在韓国人が仙人のイメージと重ね合わせて見ている岩と1700年代に見ていた岩が違うことにお気づきでしょうか。

    最後に、孔岩つまり、“穴のある岩”です。今でも韓国人は“孔岩”と呼んでいますが、“象岩”とも呼んでいます。象が花を水に付けている様子に見えるからです。どうした理由か、孔岩は沖ではなく浜の上に描かれています。

    鬱陵島には大銷岩と表示されている岩があります。文字通り、大きな溶けた岩という意味です。どの岩を指しているのか確信が持てませんが、溶岩で出来た大きな岩のことを言っているのだと思われます。地図上に孔岩の隣に描かれていることからすると、今日のSotgot岩(獅子岩?)であると思われます。

    地図はまた、城門跡があったことも記しています。有石城門基北と表示されています。ソウル大学のウェブサイトによると、北と言う文字はおそらく誤表記で、地であるべきだ、とのことです。

    地図にはまた、海岸線から中央の峰まで三十里である、と記されています。(自中峯三十餘里)

     地図4:南東部拡大図

    上記の地図は、鬱陵島の南東部分を表しています。二つの浜と少なくとも一つ、船を停泊させる場所を描いています。浜の一つは “道莊仇尾”と呼ばれており、おそらく現在の苧洞港であると思われます。もう一つの浜は“朱土仇尾”で、おそらく現在の沙洞港と考えられます。この二つの浜の間にある場所は“船泊可居”と記されており、現在の道洞港のことではないかと思われます。

    地図では、南東沖に一つ島がありますが、その辺りに島が無いことから、苧洞港と道洞港の間にあるHaengnam(행남)(楳南?〉岬のことだと思われます。この地図で確認出来ます。〈リンク〉

    地図には沖に岩がいくつか描かれていますが、名称が記載されていません。現在のBukjeo岩とチョッテ岩のことだと思われます。岩の一つに立岩刻標と記されており、“文字が刻まれた標石が立っている”ことを意味しています。

    現在の苧洞港の南の河口の傍の海岸には、洞穴も描かれています。地図ではまた、中央の峰が描かれており、海岸より約二十里である、と距離が明示されています(自中峯二十餘里)。また、古い構造物の基礎の場所(基址三四處、基址三處)や、10個の石積みの墓の場所(石葬十餘處)も示しています。

     地図5:南西部拡大図

    上掲の地図は鬱陵島の南西部を表しています。朱土仇尾と記されている浜がありますが、おそらく現在の水洞港と考えられます。これについては既にふれましたが、それは二つの地図が重なったためです。しかしながら、上掲の地図に、朱土仇尾の横に“赤土の洞穴”という意味の、朱土窟という洞穴があるのがわかります。また、朱土仇尾の西側に、船を係留出来る別の場所があり、現在のGido Pointのすぐ西にある通亀浜を指していると思われます。その範囲に現在島が無いことから、Gido Pointは、地図上では二つの小さな島で表されていると思います。そのもう少し北に、二つの島が描かれていますが、その辺りにもしまが存在しないことから、海に向かって突き出た土地を表している、と解釈したのですが、どの土地かは確信がありません。

    もっと北に行くと、黄岩が海岸の上に描かれています。 “黄色の岩”という意味です。もう一つ、海中に名称が記載されていない岩が確認出来ますが、その場所にも岩が無いことから、単に海岸の先端か崖の形状を描いたものではないでしょうか。

    地図には“刻板立標”つまり板でできた標識について触れています。これらの文字列の隣には“一島中最大 待風所可居”という文字列があり、“島の中で最も広い、風を待つ場所”という意味です。五文字ずつ2セット並んでいるので、後の方の“待風所可居”は、標識に刻まれていた可能性があります。ところで、“風を待つ場所”とは、洞穴を指しているのではないでしょうか。

    これらの標識と“風を待つ場所”を指す文字列は、地図上では河口付近に記載されているため、この場所は同じく河口に位置する今のNamyang(남양 해수욕장)浜に当たるのではないか、と私は思うのです。また、そこから川上に向かったところに、ある程度の広さを持つ土地があり、小さな耕作地になっています。それは“広い心を持った”とか“寛大な”という意味を持つ慣豁 という文字が記されている場所に当たるのかもしれませんが、又は、単に“広い開けた場所”と言っているのかもしれません。

    地図にはまた、塔や仏教寺院の跡(有塔寺刹基址)、6、7つの構造物の基礎(基址六七處)、そして10の石墓(石葬十餘處)がある場所が記載されています。

     地図6:北西部の拡大図

    上掲の地図は、鬱陵島北西部です。北部に天低仇尾と書かれた入江があります。私はそれが現在の平里の近くだったのではないかと考えています。というのも、河口にあり、現在Noin岩〈老人岩?〉と呼ばれる大きな岩の西に位置しているからです。

    地図にはまた、“赤土の洞穴”という意味の朱土窟と記された洞穴が描かれています。これは、今の台霞港そばにある黄土洞穴ではないかと考えています。

    地図には海岸から中央の峰までの距離が二つ記載されています。一つは四十里(自中峯四十餘里)で、もう一つは三十里(自中峯三十餘里)です。さらに3,4つの構造物の基礎の跡と、20程度の石墓があると記載されています。

    結論

    韓国人は、古い朝鮮の文献にアシカ猟の記述があることから、それが朝鮮人が“独島” (Liancourt Rocks)に渡航していた証拠である、と主張、もしくはほのめかしますが、上掲の地図により鬱陵島にもアシかがいたことが分かるので、現実味のない主張になるでしょう。

    地図ではまた、于山島が単なる鬱陵島に隣接する島であることを示しています。“独島” は鬱陵島の南東92kmに位置する島なので、于山島は韓国人が主張するような“独島” (Liancourt Rocks)ではないのです。于山島は鬱陵島の東岸沖4km以内にある小さな島、竹嶼(Jukdo)である可能性が最も高いのです。


  9. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  10. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  11. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  12. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  13. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  14. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  15. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  16. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  17. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  18. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  19. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  20. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]


  21. […] Lies, Half-truths, and Dokdo Video, Maps 3 […]